Sriracha Life.

シラチャ、パタヤのレストラン情報、アジア旅行記などブログで発信してます

【タイで怪魚釣り!】久々のMongkol Fishing Parkでバラマンディと赤ナマズ!

f:id:yas0323:20200214001826j:plain


先日、日本から仲の良い出張者が来た。

日本時代からの知り合いで、何度か一緒にバス釣りにも行ったし

愛知県から夜中に高速ぶっ飛ばして、

奈良の山奥にあるバス釣りの聖地「池原ダム」にも行ったくらいの釣りバカ。

 

そんな彼が出張で来タイ。

定期的に来ているのだが、今回はどうしても釣りに行きたいらしい。

そのためにわざわざパックロッド(多分割できる竿のこと)を

日本で買って持ってきたとのこと。

そりゃ連れて行ってあげるしかないな、ということで

一番釣れるであろう Mongkol Fishing Park の

スペシャルポンドを予約した。

この釣り場は2回目の投稿となるが、ぶっちゃけかなり釣れる。

とりあえずバラマンディ釣ってみたいなら一番オススメだ。

 

 

Mongkol Fishing Parkの場所と料金

f:id:yas0323:20200214001326j:plain

 

 

スクンビットをバンナーくらいまで走って、セブンイレブンを左折。

そこから道沿いに走っていくと右手にある。

セブンの左折が非常に分かりづらいのと、

メインのバイパスから、一旦側道に出ておかないと

左折ができないので注意。

 

正面におばちゃんがいるので、予約名と人数を伝えて支払いをする。

料金は3名まで一律6300バーツ。

以降1人増えるごとに2100バーツ増加となる。

3名以上がベター。

あまり多いと釣れすぎて大変なので、5人位までがよいかと。

 

受付のときに、お昼ごはんをどうするか聞かれる。

ここで頼んでおけば、12時に釣り場まで持ってきてくれるので楽チン。

ガパオライス、チャーハン、コーラ、ビールをオーダーしておいた。

f:id:yas0323:20200214001625j:plain

 

 

バラマンディのために用意したタックル

実は自分自身も以前日本に帰ったときにニュータックルを用意していた。

出張者がわざわざこのために買ってきた、などと冒頭に書いたが、

人のことをいえる立場ではないw

 

今回用意したのはいずれもパックロッド

最近流行りの旅行用ロッドだ。

昔はパックロッドは1ピースに劣るというのが一般的だったが、

最近は技術の向上によりマルチピース(多分割)でも

1ピースに劣らない性能、耐久性のロッドが数多く出てきた。

今回買ったのはシマノ・スコーピオン1652R-5というモデル。

ハイフンのあとの数字は分割数。つまり5分割だ。

詳細は別ブログで説明するとして、

元々持っていた2セットと合わせて合計3セット用意した。

ロッドは下写真の左から順に

・アブガルシア・ワールドモンスター

・ダイワ・エアエッジモバイル

・シマノ・スコーピオン

リールはいずれもシマノで、

コンクエスト200DC、バンタム、スコーピオンDC

ラインはPE3号にリーダー25ポンド

ルアーはビッグベイトからトップ、クランクなどなんでもござれだ。

f:id:yas0323:20200214004142j:plain

f:id:yas0323:20200214004621j:plain

メインはこの2本

 

 

バラマンディとアジアンレッドテール

9時ごろにスタート。

まずはトップウォーターから攻めるが、反応なし。

フローティングミノーに変えるも食いが浅くイマイチ。

そこでバイブレーションで深めを狙う。

・・・とこれが大ハマリ。

ほぼ1キャスト1ヒット状態となった。

そこからはだんだん魚も浮いてきてミノーやトップでも反応しはじめた。

ビッグベイトでもバゴっと水面を炸裂させて出てくる。

これがバラマンディの醍醐味だ。

f:id:yas0323:20200214005947j:plain

 

釣れすぎてルアーは壊れるわ、腕は疲れるわで、

都度休憩しながら釣り続ける。

お昼にはオーダーしておいたチャーハン。

ビール飲みながら釣りなんて最高の気分だ。

ルアーでこんなに釣れるの初めて!という

主催者にとってはありがたいお言葉も頂いた。

 

個人的にはバラマンディに飽きてきたので、

アジアンレッドテール(ナマズ)狙いに変更。

再度バイブレーションに戻してボトム周辺をトレースすると、

強烈なバイトと横っ走り。

ナマズは一度もジャンプしないのが特徴。

だが引きと体力が凄まじく、ギリギリまで寄せてもまた一気に走っていく。

5分ほど格闘して釣り上げたのがこれ。

自己最大のアジアンレッドテール。メーター超え。

大満足して納竿とした。

f:id:yas0323:20200214005617j:plain

f:id:yas0323:20200214005653j:plain

 

 

まとめ

相変わらずめちゃめちゃ釣れる。

2100バーツと高額だが、初心者でも全く問題なく釣れるので、

道具さえ準備すれば誰でも強烈な引きが楽しめる。

釣りにあまり興味がなくても、一度は試してみる価値があると思う。

楽しすぎてハマるかも?

ランディングからルアーを外すところまで

タイ人スタッフがやってくれるので、魚が触れなくてもOKだしw

 

注意点はトイレがないか、あってもめちゃめちゃ汚いこと。

男はまぁなんとかなるが女性は特に注意が必要。

受付のところから車で移動して別の池まで行くので、

最初の受付のところで済ましておくのがベター。

 

また、今回行ったスペシャルポンドは予約必須。

かならず事前連絡して予約しておきましょう。

ブッキング ダイマイ?で通じます。簡単な英語でも十分。

 

 

 

シラチャのラッキーゴルフでパターのグリップ交換。

グリップ持ち込みで80バーツでした。

約280円。安いね!

f:id:yas0323:20190913220532j:plain

 

ラッキーゴルフ

シラチャの街中にあるゴルフショップ。

小さいお店だけど結構長らく続いているみたい。

アタラモールから歩いて1分。

先日紹介したカフェカンタリーからも歩いて1分。

シラチャでコーヒー飲むならカフェカンタリーでゆったりと。 - Sriracha Life.

f:id:yas0323:20190913220833j:plain

右隣はマッサージ店

f:id:yas0323:20190913220838j:plain

入り口

f:id:yas0323:20190913220842j:plain

店内

 

 

 

エースパター

オデッセイ ホワイトダマスカス#9。

フェースだけじゃなくて全体がダマスカス鋼のデザインのやつ。

かつて(ちょっとだけ)石川遼プロも使用していたパターだ。

もちろん、石川遼に憧れて買ったのは言うまでもない。

ダマスカス鋼の模様が美しい。

5,6年前くらいにネットで探し回ってやっと見つけた35インチモデルだ。

もちろん中古。でもかなりキレイだった。

オデッセイにしては珍しい硬めの打感と音が好き。

f:id:yas0323:20190913222325j:plain

f:id:yas0323:20190913222329j:plain

 

 

パターグリップ

ずっと大事に使っているのでヘッドやフェースはキレイ。

だがいかんせんグリップはどうにもならない。

3年ほど前に差し替えたスーパーストローク1.0SLIM(だったと思う)が、

紫外線でやられたのか、ボロボロになって粉がでるようになってしまった。

f:id:yas0323:20190913223947j:plain

ボロボロです

 

そこで、先日バンコクに行った際、タニヤプラザに寄ってグリップを購入。

買ったのは同じくスーパーストロークだが、

1.0SLIMはもう廃盤なのか見当たらないため、

PISTOL GT TOURにしてみた。

基本細めのグリップが好きなのでいい感じ。

根元側がピストルのように膨らんでいるデザインだ。

 

 

グリップ交換

そのグリップとパターを持って店内に入ると、

店長らしきおばちゃんがすぐにこちらの意向を察してくれた。

なんて優しいんだ。

交換80THBとのこと。

30分くらい待ってねーと言われたので、

カフェカンタリーでアイスクリーム食べて待機。

www.srirachablog.work

 

1時間くらいまったりして再度訪れると、バッチリ仕上がっていた。

ズレもなく良好。

今日はまだ固まってないからプレーしないでねと言ってくれた。

ちゃんとしてるお店だ。

 

これでバンバンパター入るようになったら良いな。

f:id:yas0323:20190913224012j:plain

f:id:yas0323:20190913224015j:plain

 

 

まとめ

技術もちゃんとしてるし、価格も良心的。

おばちゃんもかなりいい人。

良いお店ですね。

長続きするのも良くわかる。

 

80バーツだったので100バーツ渡して

お釣りいらないよ、と言ってもちゃんと返してくれる。

20バーツはチップのつもりだったのに。

それくらいいい人。

 

だからついでに一杯積んであったロストボールも買いました。

Srixon Z-STAR XVとTitlist Pro V1X。

10球で300THBのパックを1つずつ。

スコア90くらいの人間にはロストで十分です。

新品の安物ボール買うよりは、ハイエンドのロストボールを買うべき。

 

近いのでまた買いに行きます。

 

【釣り】バラマンディで有名なPilot111行ったら全く釣れなくて昼ごはん食べて帰ってきた

 

f:id:yas0323:20190812141242j:plain


バンコク近郊で一番有名な釣り堀であろう【Pilot111】パイロット111

バラマンディ、チャド―(雷魚みたいなの)、ナマズなど

多数のゲームフィッシュを放流していて、かつ500THB/人・日と安価。

週末となると多くのタイ人・日本人が来てルアーを投げている。

 

バラマンディ釣りはこれまでMongkol Fishing Parkの

スペシャルポンド(養殖池)でやっていたが、毎回2,100THBは高い。

 

www.srirachablog.work

 

ので、今回は満を持して500THBのパイロット111に行ってみることに。

まぁ人多いしスレてるだろうけど、Mongkolだとなんぼでも釣れたし、

何とかなるだろと甘い考えで行ったのが苦行の始まりでした。。。

 

 

 

なーんも釣れん!!!笑

朝6時のオープンとほぼ同時に到着し、お金(500THB)を払ってバラマンディ池に移動。

移動といっても受付の目の前に広がる池なので、ちょっと歩くだけ。

友人の道具も併せて準備し3人で投げ始める。

 

トップ、ミノー、ゲーリーハートテール、スイムベイト系、バイブレーション、ビッグベイト・・・その他もろもろ。

当たり無し。。。ビックリするぐらい生命反応が無い。

 

開始1時間程度したところで、2回ほどハートテールでヒットしたものの、

食いが浅くすぐにばれてしまった。

 

それ以降、ミノーで唯一当たったけど、釣れたのはバラマンディのうろこだけ。。。

あまりの釣れなさに全く写真も撮らず。

他のお客さんを見てると、ミノーのジャークでぽろぽろ上げている人がいるが、

1つの池に10人いたとして、30分~1時間に1本程度。

こりゃムズイわ。。。

f:id:yas0323:20190812142218j:plain

 

 

お昼ご飯

あまりに釣れなくて心が折れたので、お昼ご飯を食べる。

チャーハン(カウパット)が美味しいと有名なので、

カウパットとガパオムーをオーダー。

ガパオは正直イマイチだったが、チャーハンはめっちゃ旨い!

折れた釣り人の心を癒してくれる。

f:id:yas0323:20190812142427j:plain

f:id:yas0323:20190812142431j:plain

f:id:yas0323:20190812142434j:plain

 

その後

癒された心もつかの間。

1時間ほど粘るも全く当たりすらなく。

完全に心が折れてしまったので納竿して帰宅。

pilot111の難しさをこれでもかと思い知らされた1日でした。

 

 

場所

バンナーの辺り。

バンコクからもシラチャからもおおよそ1時間弱で来れます。

バンコクからならタクシーでもpilot111と言えばだいたい理解してもらえると思います。

 

 あまりに悔しいので絶対リベンジ行きます!

 

 

【ゴルフ】インドネシアにゴルフしに行ってみた。(2日目)

前回の続き。

タイからシンガポール経由でインドネシアのバタム島へ行きゴルフしてきました。

 

www.srirachablog.work

 

 

1日目でガッツリやられたので、2日目は何とか80台を目指す。

天気は今日も快晴。暑いが最高のゴルフ日和。風も弱まり、言い訳はできなくなった。

わざわざインドネシアまで来てるのだ。がんばらねば。

 

ちなみに、タイと違ってキャディさんは2人に1人。

カート2人で乗り、キャディさんはゴルフバッグのところに立って乗るスタイル。

最初は振り落としてしまわないかと結構心配したが、

キャディも慣れたもので全然平気。

でも急発進、急ブレーキ、急カーブはやめましょうね。

f:id:yas0323:20190731234347j:plain

名物パー3。めちゃ難しい。

f:id:yas0323:20190731234352j:plain

なんとか80台で。

 

昼食はインドネシア料理を堪能

なんとか80台で収めることができ、気分良くお昼ごはん。

ラウンド終了後、そのままレストランでいただく。

インドネシアといえばナシゴレン。

タイで言うカウパット。要するにチャーハンである。

 

「まぁ所詮チャーハンだし」とか思って舐めてましたゴメンナサイ。

なにこれ美味しいじゃん!ナシゴレンめちゃめちゃ美味しいぞ。

こりゃタイのカウパットとは完全に別料理だな。

 

それ以外の料理もどれも美味しくて、タイとは全然違う味付け。

近いようで結構違うもんですね。

f:id:yas0323:20190731235102j:plain

ナシゴレン

f:id:yas0323:20190731235113j:plain

ソテー(だっけ?)

f:id:yas0323:20190731235148j:plain

追いナシゴレン笑(ちょっと辛い方)

f:id:yas0323:20190731235157j:plain

いんげん豆の天ぷらみたいな

 

フェリー乗り場でアイスクリーム

シャワーを浴びて着替えたら、バンでフェリー乗り場へ。

ちょっと待ち時間があったので、疲れた体にアイスクリーム。

運動して疲れると甘いもの食べたくなる。

せっかくなので見たこと無いやつを。

でもあんまり攻めたチョイスはできず、無難にモナカアイスに。

甘さが日本より一段上。めっちゃ甘い。美味しいけど甘い。

f:id:yas0323:20190731235634j:plain

チョコモナカジャンボ的な。

チャンギ国際空港(T4)からタイへ帰国

フェリーを降りて速攻タクシー手配。

キャディバッグも乗せるので、大型のタクシーに乗り込む。

空港まで50ドルだったかな。割り勘したので忘れてしまった。

フェリー乗り場から定額で行ってくれるので安心だし、

大人数ならそこまで高くもならないので良いです。

セダンだと2台に別れないといけないしね。

 

チャンギ国際空港(T4)は、なんとチェックインカウンターに人がいない。

完全セルフチェックイン状態。

流石にオーバーサイズは人がいるところで申し込まないと駄目だったけど、

普通に乗る場合はチェックインから出国検査まで完全に無人対応。

すごいね。タイも早くこうなってほしい。

日本も日本人はほぼ自動出入国になったけど、チェックインまでは自動じゃない。

チェックインで並ぶのが一番時間の無駄なので、

この無人化は早く展開されるべきと思う。

f:id:yas0323:20190801000550j:plain

f:id:yas0323:20190801000604j:plain

f:id:yas0323:20190801000636j:plain

 

 

ラウンジで休憩

チャンギにももちろんプライオリティパスで入れるラウンジがあった。

シンガポールはめったに来れないので、同行の2名に断って一人でラウンジに入らせてもらう。

一緒に入っても良いんだけど、2人目からはお金かかるからね。

このラウンジは珍しく部屋になっていなくて、開放空間になっている。

写真だと狭く見えるけど、食事エリアとは別にソファー席みたいなのもあって、

全体ではかなり広い。下フロアと吹き抜けになっている。

 

でもプライオリティパスってホント便利。作っておいて絶対損はない。

ドリンク、軽食はだいたいラウンジで済ませられるし、

スマホやPC、ガジェット類の充電にも困らない。

世界中どこの空港でも入れるラウンジがあるというのは相当なメリットと思います。

f:id:yas0323:20190801001057j:plain

ラウンジ

f:id:yas0323:20190801001107j:plain

ドリンク類

f:id:yas0323:20190801001119j:plain

サラダバー

 

AirAsiaでタイへ帰国

帰国便はFD359。

20:40チャンギ国際空港発 2205ドンムアン着。

時差1時間なので約2時間半のフライト。

土日弾丸ゴルフツアーもこれでおしまい。あっという間の2日間。

窓から見えるシンガポールの夜景が綺麗だった。

 

今回、シンガポールはほとんど滞在しなかったけど、

インドネシアは料理も美味しいし、ゴルフも楽しく良いところです。

ジャカルタとか都会のほうも一度は行ってみたいですね。

 

シンガポールは9月にF1見に行くので、そのときにしっかり楽しみます。

f:id:yas0323:20190801002003j:plain

 

 

【ゴルフ】インドネシアにゴルフしに行ってみた。(1日目)

f:id:yas0323:20190724233614j:plain


2019年7月上旬。

会社の上司からのお誘いで、インドネシアでゴルフをすることに。

 

事の経緯は、以前シンガポール駐在の方がタイに遊びに来ていて、

そのときに次はシンガポールで!という話になっていたらしい。

 

ただ、シンガポールでゴルフなんぞできたものではない。高すぎて。

その上、たぶんメンバーじゃないと無理。

だからシンガポール在住の方たちは、

フェリーでバタム島というところに行って、ゴルフを楽しんでいるらしい。

 

今回そのプランに思いっきり乗っかって、土日弾丸ゴルフツアーしてきました。

 

 

まずはシンガポールへ

今回利用したのは、AirAsia FD359便。

朝6:55ドンムアン国際空港発、10:25シンガポール・チャンギ国際空港着。

シンガポールは1時間時差があるので、フライトは約2時間半。

かなり眠いが、弾丸ツアーの宿命である。

朝3時に家を出て、ドンムアンに到着。

 

ゴルフバッグも無事お預け。大型荷物は別のカウンター。

チェックインはかなり空いていて、30分程度で出国検査まで終えてしまった。

私は楽天カードマンで作ったプライオリティパスを持っているので、

約1時間ラウンジでまったり、、、とはいかず、

同行の上司とともに朝マックで朝食。

プライオリティパス作ったほうが良いですよと全力でアピールしておいた。

 

ドンムアンはよく使っているので写真を撮る気にもならず、

おとなしく飛行機へ搭乗。

エアアジアのセクシーなCAさんたちを見ながら、2時間半のフライト。

なかなか寝付けず、ウトウトしはじめたころに着陸態勢。

約2時間で到着してしまった。早い。

f:id:yas0323:20190724231351j:plain

f:id:yas0323:20190724231357j:plain


エアアジアはすべてチャンギ国際空港の第4ターミナル(T4)に到着するらしい。

T4は最近オープンしたばかりで、めちゃめちゃキレイ。

ドンムアンからの格差がすごい。

先進国をこれでもかと感じることができる。

 

審査が終わって、荷物ピックアップへ。

ゴルフバッグは無事オーバーサイズバゲッジのところから出てきた。

これでひと安心。とりあえずゴルフはできそうである。

ターミナル出口で駐在員と合流しそこからフェリーターミナルに向かう。

行先はハーバーフロントというところ。

https://goo.gl/maps/cinS4beJD7MxYAtp8

オフィスビル&テナントになっていて、

お土産屋さんから電化製品、レストランなどなんでもあり。

とりあえず、フードコートでシンガポールっぽいなにかを食べてみることにした。

f:id:yas0323:20190724232620j:plain

I♡SG

f:id:yas0323:20190724232629j:plain

f:id:yas0323:20190724232721j:plain

f:id:yas0323:20190724232715j:plain

俗にいうところのカオマンガイである。タイでも食えるじゃねーか!

シンガポールなら海南鶏飯(ハイナンチキンライス)という名前。

味はまぁそれなり。想像以上でも以下でもない味。

まぁフードコートだしね。大して期待はしていないのでまぁ良いでしょう。

 

 

フェリーでバタム島へ!

そうこうしているうちにフェリーの時間になったので、フェリー乗り場へ向かう。

ゴルフバッグはすでに予約カウンターで預け済み。

ここから再度出国となる。パスポートもあずける。

今回乗ったフェリーはBATAM FASTというフェリー。

マカオでも何とかFASTだったような。。。高速艇に有りがちな名前なのか。

さすがにFASTというだけあって、かなりのスピードで走る。

バタム島までは約45分の航海。ほとんど揺れないし快適。

フェリー内で入国カードを渡されるので記入しておく。

f:id:yas0323:20190724233057j:plain

f:id:yas0323:20190724233104j:plain

f:id:yas0323:20190724233451j:plain

フェリー

 

f:id:yas0323:20190724233529j:plain

到着!降りたらもうインドネシア!

f:id:yas0323:20190724233614j:plain

 素晴らしい天気。ちょっと風が強いけど最高のゴルフ日和。

 

 

道中の写真を撮り忘れたが、

つい1時間前まで見ていた先進国との格差がすごい。一気に発展途上国。

たった1時間の距離でこんなにも違うとは。

国が違うとはこういうことなんだと改めて実感。

 

フェリー乗り場からゴルフ場の専用バンでSouth Linksというゴルフ場へ。約15分。 

フェリー往復、送迎、ホテル宿泊、ゴルフ2ラウンド分まで含んだ

セットプランになっていて、支払いはすべてゴルフ場で済ませる。

合計350シンガポールドル。約2万8千円。

フェリーやホテルまで込みとなると結構リーズナブルな金額ではなかろうか。

もしシンガポールでゴルフするとなると、1ラウンドだけでもその額を超えるであろう。

なるほどみんなバタム島へ行くわけだ。

 

ゴルフ場はタイと似たような感じだが、いかんせん池が多い。

グリーンギリギリまで回り込んである池が多くあり、

セカンドショット、アプローチまで結構なプレッシャーがかかる。

朝3時起きで睡眠不足(言い訳)、

移動でかなり疲れていたこともあり(言い訳)、

8発も池にボールを奉納してしまった。

あぁ高級ボールが。。。 初日スコアは94。

 

f:id:yas0323:20190725232152j:plain

 

f:id:yas0323:20190725232207j:plain

f:id:yas0323:20190725232247j:plain

 

 

蒸し焼き料理で晩飯

その日の夜は、別の駐在の方も集まってバタム島の蒸し料理レストランへ。

初めて食べる料理。

まず、蒸気が出るホットプレート的な装置の中に、生米と水を一番下へ。

そしてその上にプレートを置き、海鮮(エビ、イカ、貝など)を蒸し焼きする。

味付けは無し。しょうゆベースのタレを付けて食べる。

これが結構うまい。というかほぼ素材の味。

タイで素材の味を生かした料理など皆無なので、

こういったシンプルな料理が同じ東南アジアで食べられるとは思ってもいなかった。

そして、海鮮を食べ終わると、

出汁が下に落ちて旨味が加わった雑炊が勝手に完成している。合理的だ。

締めの海鮮雑炊。これまた旨い。

インドネシアのBINTANGビールもあっさりして飲みやすく、

初めてのインドネシアで美味しい夕食を楽しむことができた。

f:id:yas0323:20190725232316j:plain

f:id:yas0323:20190725232326j:plain

生米を下に

f:id:yas0323:20190725232339j:plain

f:id:yas0323:20190725232359j:plain

f:id:yas0323:20190725232408j:plain

f:id:yas0323:20190725232419j:plain

ビンタンビール

 

2日目に続く。

 

追伸:プライオリティパスについて

 

プライオリティパスは世界1200ヵ所以上のラウンジが無料で利用でき、

例えばタイなら制限区域内にあるミラクルラウンジ等で

無料で食事を取ったりビールを飲むことができます。

またWifiも完備されているし、充電用のコンセントも使い放題。

海外出張が多い方、旅行が趣味の方は絶対に持っておくべきカード。

 

楽天プレミアムカードは年会費10,800円 でプライオリティパスが付帯。

一番安いプライオリティパスの取得方法です。

単独で申し込むと2万円以上ですし、他のゴールドでもプライオリティパス付帯の

カードは3万円以上の年会費が必要です。

 

 

 

また、クレジットカード発行はポイントサイト経由がお得です。

下記は一例としてMoppyというポイントサイトですが、

例えばここに登録して楽天カードに申し込むと、

楽天ポイントとは別にさらに10,000ポイント(1万円相当)獲得できます。

カードは直接発行よりポイントサイト経由が絶対にお得。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 この手のポイントサイトの紹介、カード紹介サイトやブログは

無数にありますので、一度調べてみると面白いと思います。

 

私もはてなブログやその他のサイトを参考に、

ANAカード、楽天カード、SPGアメックス等を保持していて、

それぞれのメリットをうまく活用して、ポイントを貯めたり、

空港免税店で割引を得たり、ホテル無料宿泊したりと

多数の特典を得ることが出来ています。

そのあたりはちょこちょこ別途ブログに書きますが、

その手のプロブロガーは山ほどいますので勝負しません(笑

 

 

【パタヤ】シューティングパークで射撃訓練?初めて実弾を撃ってみた。

f:id:yas0323:20190612230511j:plain

 


日本では一般市民には縁のない射撃。

海外に出たことが無かった僕は、当然見たことも触ったこともない。

バイオハザードとかメタルギアソリッドで名前は知ってるけど。。。みたいな。

怖くない?暴発しないの?手首折れない?とか不安も一杯だけど、

でもせっかく海外に来たからには、一度はやってみたい!

ということで行ってきました、パタヤシューティングパーク。

 

まずは受付

駐車場から正面に受付があるので、とりあえず入る。

外からみるとこんな感じ。

f:id:yas0323:20190612230620j:plain

入り口

中は受付カウンターと待合室的なところ。

飲み物も売ってるので、のどが渇いたらジュース飲めます。

なぜかお馬さん(もちろん人形)がいる。カウボーイ的な?

f:id:yas0323:20190612230749j:plain

受付カウンター

カウンターの中の人に声を掛けるとメニューを説明してくれる。
一番安いのが22口径、そこから順に38、45および9mm、ショットガンの順に

値段が高くなっていく。

2人同時申し込みなら割引もある。(写真忘れたけど)

2人で2種類の拳銃を半分ずつ打つというパターンでもOK。

(例えば38と45口径をそれぞれ12発/13発ずつとか)

今回は4人。せっかくなので4種類それぞれ25発を分割してトライすることに。

もちろんいちばん小さい22口径を除いて、

38、45、9mm、そしてまさかのショットガンをチョイスw

 

f:id:yas0323:20190612231003j:plain

メニュー表

f:id:yas0323:20190612231510j:plain

38口径はリボルバータイプ(名前わかりません

f:id:yas0323:20190612231549j:plain

45か9mmかどっちか

 

レッツスタート!

準備も万端で、いざトライ!となるんだけども、

なんせ拳銃見るのも触るのも初めてで、めっちゃ怖いんです、はい。

恥ずかしながら、ちょっと震えるというか力が入らない感じに。

 なんてったって凶器ですから。

 

といってもビビってちゃ始まらないんで、レッツスタート!

f:id:yas0323:20190612232105j:plain

イヤーマフ無いとうるさすぎて耳聞こえなくなる

38から順に打ったけど、45とか9mmセミオートとなると手への衝撃がすごい。

ぜんぜんまっすぐ維持できない。

映画とかで片手でバンバン打ってるけど、あれ嘘だね(今更

とてもじゃないけど片手じゃ打てないし手首壊れるよ。相当鍛えてないと。

 

バンバンしてるとだんだん慣れてきて、あっという間に終了。

全部でものの5分ほど。ほんと短い。これで2千THB近い値段は高いとは思う。

結果はこちら。意外と真ん中周辺に集まってるかも?

f:id:yas0323:20190612232749j:plain

結構上手?

 

そしてショットガンへ

お待ちかねのショットガン。

ショットガンは危ないから、ちょっと別の小屋に移動してスタート。

おにーさんが説明してくれる。肩にしっかり当てて構えろと。

そしてほっぺを当てるのだ。

f:id:yas0323:20190612232901j:plain

ショットガンの弾

f:id:yas0323:20190612233022j:plain

説明中

f:id:yas0323:20190612233122j:plain

それっぽい?ぽくないかw

 

そしてハンドガンよりもさらに緊張しながらズドン!

ぐぁぁ・・・!肩に半端じゃない衝撃が。

なんだこれ・・・?超痛いんですけど。。。

ターミネーターのシュワちゃん片手で打ってたじゃん。

あれも嘘だったの?それともシュワちゃんのパワーがすごすぎるの? 

ぜんぜん的に当たんないし。

猟師さんとかよくこんなの狙って打てるな。

 

お疲れ様でした。

30分もかからず、あっという間に終わってしまいました。

時間的にはかなりコスパ悪いけど、まぁ一度はやってみても良いかなと思います。

日本だと絶対できないですからね。

 

感想はやっぱり怖いというのが第一番。

これで打たれたら死んじゃうんだなとか思うと、持つのも怖くなります。

打ち終わったらすぐに手放したくなるくらい怖かったです。

まぁ一度体験できたから、もういいかな(笑

 

場所

パタヤにはいくつかシューティングレンジがあるみたいですが、

今回行ったのはパタヤシューティングパークというところ。

シラチャからスクンビット走り続けて、一本裏道に入った先。

 

オカマショーで有名なティファニーにもあるみたい。ショーの前後にいかがですか?w

 

 

【釣り】Mongkol Fishing Parkで良型バラマンディが連発!

 

小学校のときにバス釣りにハマって以来、

ずーっと趣味として続いている釣り。

主にルアーフィッシングがメインで、

日本ではバス、ジギング、トラウトを月イチくらいで続けていた。

 

2018年からタイに来てバスとトラウトはできなくなってしまったので、

ほとんどの道具を売り飛ばして引越ししたのだけれど、

せっかくタイに行くからには、

タイでしかできない釣りをしたい!と思うのが釣り人の性。

 

ネットで調べると出てくるのは「バラマンディ」という魚。

シーバスやアカメのような魚で、ルアーで釣ることができファイトも派手で

かなり楽しめるターゲットみたい。

これはやってみるしかない!ということで、

海外旅行用のパックロッドを用意してトライしてみた。

 

 

今回行った釣り堀

f:id:yas0323:20190522125215j:plain

受付と右手が通常の釣り堀

今回行ったのはMongkol Fishing Parkというところ。

某ブログで紹介されて、とても良さそうだったので、会社の通訳さんに予約してもらった。

ここの特徴は、通常の釣り堀の他に、スペシャルポンドが用意されていること。

スペシャルポンドとは、要するにバラマンディの養殖池。

基本的に釣り用ではなく養殖されている池なので、

サイズもある程度揃っているし、ルアーにも全くスレていないので、

どんな初心者でも簡単に釣ることができるのである。

個人的には釣れなくてもルアー投げて巻いてるだけで楽しいタイプの人間だが、

例えば初めて釣りにトライする人にとっては苦行でしかない。

そんなときも、簡単に良型の魚が釣れるというのは非常にメリットである。

 

実際に釣ってみた!

受付から、バイクの兄ちゃんについてこいと言われ、

車でさらに走ること約10分、現場に到着。

どうやら養殖池はいくつも持っているらしく、ローテーションしてるみたい。

到着後タックルを準備して、いざスタート。

 

ものの数投でいきなり強烈なバイト!

f:id:yas0323:20190522125457j:plain

ファイト!

f:id:yas0323:20190522125527j:plain

50~70㎝くらいが連発でした

f:id:yas0323:20190522125637j:plain

釣れた魚は出荷されていく

f:id:yas0323:20190522130029j:plain

ビックベイトでもなんでも釣れる!

f:id:yas0323:20190522130103j:plain

フック壊れるくらいのファイト

f:id:yas0323:20190522125712j:plain

いっぱい釣れたね!

 

個人的に1番楽しかったのはやっぱりトップウォーター系のルアー。

大型のバラマンディが水面を割ってバイトするシーンは何度見ても衝撃的。

またトップへの反応も良いので、ほぼ1キャスト1バイト状態で、

最高に楽しかった。

 

気になる費用は?

スペシャルポンドは3人までで6300THB。

4人以上だと一人当たり2100THBずつ追加になる。

結構なお値段。日本の管理釣り場よりも高い。

が、それを支払って余りある楽しさを味わえると思う。

 

また、朝の受付時にお昼ご飯を注文することができる。

ビール、氷、カウパット(チャーハン)で150THBくらいだったと思う。

ちゃんと釣り場まで届けてくれるし良心的!

f:id:yas0323:20190522125756j:plain

ランチのチャーハン

 

用意したタックル

なんてったって大型で強烈な引きのバラマンディを釣るので、

それなりの道具の準備は必要。

バス用ならHクラスのベイトロッドにベイトリール、

ラインはPE3号以上、リーダーは40lbを用意した。

4人で行ったのでそれぞれ以下の通り。

 

・タックル①

 ロッド:アブガルシア ワールドモンスターWMCC-654M MGS

 リール:シマノ スコーピオンDC 100HG

 ライン:8本撚りPE3号+フロロカーボンリーダー40lb

 

・タックル②

 ロッド:アブガルシア ワールドモンスターWMCC-734H

 リール:シマノ '13メタニウム  

 ライン:8本撚りPE3号+フロロカーボンリーダー40lb

 

・タックル③

 ロッド:ノリーズ ロードランナー ハードベイトスペシャルRR660HB

 リール:シマノ カルカッタコンクエスト 200DC

 ライン:8本撚りPE3号+フロロカーボンリーダー40lb

 

・タックル④

 ロッド:ダイワ エアエッジ モバイル694HB-SB

 リール:シマノ バンタムMGL HG

 ライン:8本撚りPE3号+フロロカーボンリーダー40lb

 

個人的にバス釣りから愛用しているロードランナーだが、ちょっとしんどいかな。

トルクあるんで上がるのは上がるけど。

ガイドもゴールドサーメットだし割れそう。

 

ワールドモンスターはパワー的には654Mで十分。734Hは固すぎ&重すぎ。

ただ、ビッグベイトやるには734Hのほうが楽ではある。

654Mの不満点はマイクロガイドなところ。

どう考えてもPE前提なクラスなのに、なぜMGSにしたし。。。

リーダー接合部がどうしても引っ掛かる。

 

エアエッジモバイルは非常に良い。軽いし、しなやかに曲がって投げやすい。

ロッドワークもしやすいし。

強いて言うならもうちょっとグリップ長くても良かったかも。

 

あとは今年発売されたスコーピオン1652R-5を試してみたいですね。

最近パックロッド市場が熱いので楽しみです。

 

場所

スクンビットをバンナーくらいまで走って、セブンイレブンを左折。

道沿いに走っていくと右手にある。

セブンの左折が非常に分かりづらいのと、側道に出とかないと曲がれないので注意。

 

 

【ゴルフ】PUMAのゴルフシューズ購入!ロビンソンの新店舗

今日はゴルフネタ。スワイスワイなシューズ買いました。ちょっと古いけどね。

 

先週、Mt.Shadow golf clubでのプレー中キャディに轢かれ

(といってもシューズの踵だけだが)、

お気に入りのシューズのBoaカリカリ締めるやつ)が壊れてしまった。

まだ半年くらいしか履いていないのに。。。なんてこった。

f:id:yas0323:20190302200911j:plain

右側のBoaが効かなくなった。どっかで直せないかな。。。

一応もう一足持ってはいるけど

シューズは二足以上でローテしないと長持ちしないし、

2日連続のゴルフで初日大雨とかに当たると大変なことになるので

シラチャのロビンソンにシューズを買いに行ってきた。

 

壊れてしまったのはFOOTJOYのD.N.A.(17年モデル)

ロビンソン3Fにある総合スポーツ店に

同じシリーズの18年モデルがあることは以前から確認済み。

とりあえず同タイプを、と思い見に行く。

 

もちろん下調べとして事前に日本のネットショッピングで価格をチェック。

高級なシューズの部類で発売当初は2万5千円程度だったが、

18年モデルのため、すでに楽天やYahooショッピングでは12,000円程度になっている。

さらにポイントも山盛りだ。

 

が、そこはさすがタイ。ゴルフ用品は高い。

お値段なんと7280THBである。  7,250×約3.5円/THB=25,375円!!! 

流石に倍の値段は手が出ないぞ、ぐぬぬぬぬ。。。

 

ディスカウントダイマイ?と聞いてもメダーイ!との回答。

already discount! 9100→7280THB

あーそうですか、そうですか。

楽天グローバルエクスプレスで個人輸入したほうが安いぞ。

 

それ以外のモデルもあったがデザイン的に好みじゃない。

adidasがセールしてるみたいだったが、これもパス。

20分ほど悩んだものの、やっぱイラネって言って退散した。

 

あー、日本で買ってハンドキャリーするか。。。

 

なんて思いながらフラフラ歩いてたら、

同フロアのロビンソンとパシフィックパークとの境目に

ちっちゃい個人ショップを発見。

 

店長っぽい人から声をかけられたので、ちらっと見に行く。

f:id:yas0323:20190302193808j:plain

かなり小さいお店。Glor golfと書いてある。写ってるのが店長らしき人。

どうやらプーマのお店らしい。

Cobraのクラブとプーマのシューズ、キャップが陳列してある。

プーマ好き。これは良さげ。

おっちゃん曰く、NEWショップらしい。どうりで見たこと無いわけだ。

 

さらっとシューズを物色すると、好みなシューズを発見。

おっちゃんも「リッキー、リッキー」としきりに言ってくる。

リッキーファウラーのモデルだ、知ってるよ。

なぜならハイカットのやつ持ってるからね。

 

値札は8900THBだ。高い!

「おっちゃん、高いぜ」

「ディスカウント ダーイ。30%!6230THB!」

「6000にして」

「オッケー!」

…早い。もっと攻めればよかった(笑

 

クレジットカードは?と言ったらNGと言われたので、

仕方なく4FのATMで現金を下ろし、おっちゃんに支払い。

 

半ば衝動買いに近い。値段相場も調べてない。

が、まぁ気に入ったの買えたから良しとしよう。(と自分に言い聞かせる

狙ってたD.N.A.と1280しか変わらないけど、

ちょっと古いモデルなので、たぶんもう手に入らないし。(言い訳

 

おっちゃん、ありがとう。握手。また来るぜ!

 

てくてくお家に帰り、御開帳である。

f:id:yas0323:20190302195119j:plain

PUMA!

f:id:yas0323:20190302195156j:plain

じゃーん!

f:id:yas0323:20190302193611j:plain

かっちょいいぜリッキー。

f:id:yas0323:20190302195614j:plain

上から。タン部にBoaがある(正確に言うとBoaではなくPuma独自のやつ)

f:id:yas0323:20190302195720j:plain

puma!

f:id:yas0323:20190302195754j:plain

ソール。いかにも滑らなそう。

f:id:yas0323:20190302200245j:plain

兄弟!(左は元々持っていたハイカットモデル)

f:id:yas0323:20190302200336j:plain

かっちょいいぜリッキー兄弟。

f:id:yas0323:20190302202216j:plain

オマケもくれた。ありがとう、おっちゃん。


 

 

 

ロビンソンのスポーツショップには、

adidas、FOOTJOY、ブリヂストンゴルフ、ミズノのシューズしかない。

クラブも上記系列プラスCallawayくらい。

タイでcobraのクラブ、pumaのシューズとウェアが買えるのは結構珍しいと思う。

タニヤプラザくらいしか思いつかない。(あんま探してないけど)

 

小さいお店だけど、長く続いてくれるといいな。

おっちゃん頑張れ!