Sriracha Life.

シラチャ、パタヤのレストラン、ハンバーガー屋訪問記録、アウトドア情報など

【スマホ】Huawei P30 Proを世界最速(?)で購入+開封レビュー。ISO409600の衝撃。

 

3月に発表されたばかりのHuawei P30 Proを世界最速レベルで手に入れたので、

開封レビューしてみる。

Huawei P30 Proとは

Leica Quad lensでカメラに超特化したハイエンドスマホ。

タイでは4月10日に販売開始となった。

Lazada(タイのAmazonみたいな通販サイト)でも事前予約を受け付けしていて、

RAM8G+ストレージ265GBで、お値段は31990THB。(11万2千円)

Androidスマホとしてはクッソ高いが、まぁ事前予想されていたよりちょっと安価なレベル。

 

が、予約ならなんとHuawei watch GTがオマケで付いてくる。

こちらは通常なら5990THB。つまり実質約2万円分が割引のようなもの。

 

P30シリーズの発表を見た瞬間に買う決意をしていた上、

スマートウォッチが無料で付いてくるならそりゃ即ポチですよ。

 

 

スペック

ここで主要スペックをおさらい。

https://consumer.huawei.com/en/phones/p30-pro/

  P30 lite P30 P30 Pro
画面サイズ 6.15インチ(LCD) 6.1インチ(OLED) 6.57インチ(OLED)
画面解像度 フルHD+
リアカメラ 3つ(広角 + 超広角 + 深度) 3つ(広角 + 超広角 + 望遠) 4つ(広角 + 超広角 + 望遠 + 深度)
フロントカメラ 1つ(顔認証に対応)
生体認証 指紋(背面パネル) + 顔認証 指紋(ディスプレイ内蔵式) + 顔認証
CPU Kirin 710 Kirin 980
RAM 4GB/6GB 6GB/8GB
ストレージ 128GB 128/256/512GB
防水防塵性能 - IP53 IP68
Android 9.0 9.1
本体サイズ 72.7 x 152.9 x 7.4mm 71.36 x 149.1 x 7.57mm 73.4 x 158.0 x 8.41mm
重量 159g 165g 192g

なんてったって、やっぱ特筆すべきなのは3眼+深度計でQuadcameraと名付けられたカメラ性能。

さらにセンサーがRYYBの1/1.7となったことで、なんとISOは409600を達成。

もう訳わからん数字。何なの40万て。戦闘力?

 

f:id:yas0323:20190416110039p:plain

P30とP30Proの比較。どうせ買うならProでしょ!

 

 

 

開封の儀

f:id:yas0323:20190416110536j:plain

外箱。ぴったりきっちり閉まってる。

f:id:yas0323:20190416110621j:plain

ご対面

f:id:yas0323:20190416110647j:plain

内容物。type-Cのケーブル、ACアダプタ、イヤホン、クリアケース

f:id:yas0323:20190416110756j:plain

カラーはオーロラブルー。美しい。

 

f:id:yas0323:20190416111551j:plain

電源ON。有機ELのラウンドディスプレイ。液晶と違いガラス面との隙間が無いくらいに見える。

f:id:yas0323:20190416111817j:plain

右側に電源と音量ボタン

f:id:yas0323:20190416111851j:plain

下部にType-Cとスピーカー、SIMカードスロット

f:id:yas0323:20190416111946j:plain

SIMカードスロット。両面式になっている。上がSIM1、裏がSIM2 or NMカード

f:id:yas0323:20190416112115j:plain

NMカード or SIM2側。NMカードが高いし売ってないのが厄介。SIMはもちろんDSDS対応、SIM2でも4G対応

 

撮影テスト

とりあえず試しに写真撮ってみた。

特に設定なしの写真モード、AIなし、通常撮影と広角(0.6倍)

f:id:yas0323:20190415222647j:plain

通常撮影

 

f:id:yas0323:20190415222727j:plain

広角レンズ(0.6倍)

 

非常に鮮明かつ明るい写真が撮れた。

また通常レンズでは収まりきらないマンションも、

広角側ではきっちり収めることができる。

 

下手なデジカメはもう要らない。

バリバリの本気撮影するならともかく、

旅行のスナップや軽い夜景撮影程度ならこれ一台で十分な写真が撮れそう。

 

50倍ズームが話題になってはいるけど、

実際は手ブレがひどくて、固定しながら撮れる環境じゃないと使い物にならない。

せいぜい10倍程度がいいとこ。(それでも必要十分な能力だが)

光学5倍ズームは十分に使えるレベルなので、この辺はまた後日。

 

一番の進歩はやっぱこの超高感度による明るさだと思う。

自分の目よりカメラを通したほうが明るいくらい。

ほとんど暗くて見えないものも見える。

 

ここまでのカメラがスマホに搭載できるとは、技術の進歩は計り知れない。

コンデジ市場は近いうちに無くなるんじゃないですかね。

 

 

 

おまけ

最初に書いたが、先行予約特典としてHuawei watch GTが付属してきたので、

また別のブログで描きます。

f:id:yas0323:20190416135405j:plain

これがオマケとは太っ腹である