Sriracha Life.

シラチャ、パタヤのレストラン訪問記録、アジア旅行記とか

ドンムアン空港からシラチャまでバス乗り継いで帰ってみた

AirAsiaなどのLCCは、そのほとんどがスワンナプーム空港ではなく、

バンコクの北にあるドンムアン空港(Don-mueang Air Port)から離発着する。

 

先日ベトナム旅行をした帰り、

ドンムアン空港から、シャトルバス、高速バスを乗り継いで

シラチャまで帰ってみたので、その方法を紹介する。

これに慣れれば、バスが運行している時間なら127バーツでシラチャまで帰れるので、

タクシー利用等に比べかなりのコスト削減が可能だ。

 

BagDropから出口へ

ドンムアンの入国審査は中国人の大行列でかなり混む。

いくつか分かれてるので、見極めて空いているところに並ぼう。

ちなみに「中国炉抄Chinese passport」(漢字違うかも)と掲示してあるところでも、

普通に何も無く日本人も通してくる。

なんやねんその看板。

 

入国審査が終わり、すぐ目の前の階段かエスカレータを降りればバッグドロップ。

そして写真左上に見える緑色のところが出口なので、さらっと出ましょう

キョロキョロしてると税関で荷物チェックされるかも。

あくまでサラッと。これ重要。

f:id:yas0323:20191113130129j:plain

入国検査エリア出たところからバッグドロップを見下ろした写真。緑の出口から出る。

 

 

シャトルバス乗り場へ向かって歩く。6番出口。

サラッと出たら、案内掲示板にShuttle Busの表記がある。6番。

出口から見て左方向。6番出口を目指してテクテク歩く。

f:id:yas0323:20191113130217j:plain

Shuttle Busを目指して歩く。

f:id:yas0323:20191113130221j:plain

 

 

バス乗り場へ。A1のバスに乗ろう。

6番から出ると、すぐ目の前に下の写真のようなShuttle Busの看板が建っている。

バスはA1~A4の4種類があるが(なんでABCDじゃないんだろう)

まず最初の目的地はチャトゥチャックバスターミナル。

よってA1のバスに乗り込もう。

バスが居ないときはちょっと待てばすぐ来る。

最長でも30分おき、最短で10分くらい。

f:id:yas0323:20191113130313j:plain

f:id:yas0323:20191113130317j:plain

 

 

シャトルバス乗車。切符は中で買う。

乗り込むと、白い服着たおばちゃんが切符を売ってくれる。

切手みたいな切符だ。お値段30バーツ。

バスは結構新しく、エアコンも効いていて快適。

チャトゥチャックバスターミナルまで30分くらいだっただろうか。

 

f:id:yas0323:20191113130356j:plain

f:id:yas0323:20191113130400j:plain

f:id:yas0323:20191113130406j:plain

 



チャトゥチャックのバスターミナルに到着。

途中何度かバス停に泊まり、終着点バスターミナルに着くと全員下車。

写真のような景色のところに降りるので、真っすぐ切符売り場まで歩く。

入口に空港の金属探知機のようなゲートがあるが全く使っていない。

存在する意味なし。

 

f:id:yas0323:20191114161429j:plain

チャトゥチャックバスターミナル外観

f:id:yas0323:20191114161516j:plain

入口

シラチャ方面のチケットを買う。

入って右手前側に南方面(パタヤとかシラチャとか)のバスチケット売り場がある。

シラチャ行きは48番の販売窓口だ。

値段は97バーツ。

バンコクーシラチャ間と同じタイプのチケットが渡されるので、

バス番号とシート番号、発車時間を確認しよう。 

f:id:yas0323:20191114161549j:plain

f:id:yas0323:20191114161558j:plain

f:id:yas0323:20191114161629j:plain

いつものチケット。97バーツ。

 

 

バス乗車。ロビンソン前までGo。

時間になったら、所定のバス乗り場に行く。

チケットと同じバス番号を側面で確認したら、乗り場でチケットを見せて乗り込む。

バスはバンコクーシラチャと同じ2人掛け×2列のタイプ。

背中側にシート番号があるのも同じなので注意しよう。

 あとはシラチャまでひとっ走り。2時間強くらいだったと思う。

f:id:yas0323:20191114161706j:plain

 

 

まとめ

初めてだったが、まったく問題無く簡単に利用することができた。

タクシーならおそらく1500バーツくらいかかるところが、

バス乗り継ぎでたったの127バーツ。

コスト的にはかなりのメリットだ。

乗り継ぎも含めると結構時間がかかることと、荷物が多いと辛いので、

コストを掛けてでも楽するか、安くあげるかは自己判断で。

時間的余裕があり、かつバックパックだけなら全然問題ないと思う。

 

エアアジア等で来タイしたときは、

選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょう。