Sriracha Life.

シラチャ、パタヤのレストラン情報、アジア旅行記などブログで発信してます

タイ旅行の前には必ず確認しよう!タイの禁酒日まとめ 2020年版!

f:id:yas0323:20191021224415p:plain


タイには0時から24時までお酒を提供できない日、

通称「禁酒日」が国によって定められている。

 

文字通りお酒が終日提供できなくなるため、

お酒の提供がメインであるバーやスナック、カラオケ等は完全閉店。

0時からというのがミソで、前日の夜間営業も早仕舞いになってしまう。

せっかくタイに旅行に来たのに、禁酒日にあたってしまうと台無しだ。

タイに旅行に行く前は必ず禁酒日の情報を調べるようにしよう。

 

 

2020年の禁酒日は

2月8日(土)もしくは9日(日)

5月6日(水)

7月5日(日)および6日(月)

10月1日(木)もしくは2日(金)

 

いまのところ上記の5日間が禁酒日の模様。

ただ、タイのカレンダーはコロコロ変わるので、

もしかしたら追加変更があるかもしれない。

 

もしくは となっているのは情報が錯綜しているところ。

私が持っているカレンダーと、他のネット情報に差異があったため、

不確定としている。

いずれにしてもどちらかの日付が禁酒日なのは間違いないので、

旅行期間を設定する際は上記スケジュールは外したほうがベター。

 

特に週末に重なっている日が多いので十分注意してほしい。

意気揚々と夜の街に繰り出しても、真っ暗で人っ子一人いない

寂しい夜を過ごすことになるだろう。

 

ちなみに2018年10月13日の禁酒日に

ウォーキングストリートに行ってみたのが下の写真。

分かる人には分かると思うが、真っ暗に近い状態。

明るいように見えるが、ほぼすべてのゴーゴーバーおよびバービヤは閉店している。

この日は出張者がどうしても行きたいというので

パタヤまで連れて行ってみたが、やはりNG。飯だけ食って帰ることになった。

皆さんこうならないように気をつけましょう。

f:id:yas0323:20191217014514j:plain

禁酒日のウォーキングストリート

 

 当然、シラチャも真っ暗。一部居酒屋すらも閉店する。

日本人向けにはこっそりビール出してくれたりもするところもあるが、

基本的には全面禁止。

スーパー等でも購入できない

必要ならば事前に買っておいて、自宅で飲みましょう。

www.srirachablog.work