Sriracha Life.

シラチャ、パタヤのレストラン情報、アジア旅行記などブログで発信してます

【マイクロフォーサーズ】みんながおすすめする単焦点 LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. でレンズ沼にズブる

f:id:yas0323:20200125210954j:plain

 

とうとう買ってしまった。

パナライカ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.(初期型)

 

マイクロフォーサーズ用レンズは、これで2本目の購入である。

1本目は神レンズとして名高いM.ZUIKO 12-100mm F4 IS PRO。

当分これ一本で十分だと思っていた。

広角から望遠までめちゃめちゃキレイに撮れるし、

いままで見たことないくらいの解像感というか、カリカリ感というか。

 

www.srirachablog.work

  

ただ、ちょっとずつ不満(というか欲)がでてきた。

それは、

・重量が重くて、サイズもそこそこ大きいので気軽に持ち出せない

・ボケがちょっと物足りない

・夜間や室内だとやっぱり暗い

という点。

カリッと全体がフォーカスしたような風景写真のほうが

どちらかというと好きなのだが、

たまには背景ボケまくりの写真も撮りたくなるのが素人の性というもの。

知人が使っているSONY α7Ⅲの写真と比べると、

どうしてもボケは見劣りしてしまう。(当たり前)

こうなったら単焦点買うしかない!だって悔しいもん!!!

 という素人丸出しの流れ。

 

マイクロフォーサーズ単焦点はLUMIX G 25mm F1.7 ASPH. や

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8という撒き餌レンズがあり、

僕にはそれで十分なのだろうが、

おそらくそれらを買っても心のどこかで

やっぱLEICAの25mmほしかったなぁ

という引っかかりが永遠に残るのは、自分の性格上まちがいない。

それならばハナから一番欲しくなるであろうものを買っておくべき。

と全力で自分に言い訳を作ってポチりましたとさ。

 

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. 中古レンズを購入

タイの通販サイトShopeeに、中古のレンズが出品されていた。

新品は12000バーツ。中古は最安で8900バーツ。

タイで中古を買うのはかなり勇気が必要だったが、

写真上は傷もなく問題なさそうだったので購入してみた。

で、届いたのが下の写真。

外箱に傷はあるが、レンズ自体は全く問題ない。

純正のレンズ袋、フードもちゃんとついている。フードでかい。

心配していたピントリングのゴム部にも痛みはないし、

なんとレンズフィルターまで付いていた。ラッキー♪

f:id:yas0323:20200125213254j:plain

f:id:yas0323:20200125213329j:plain
f:id:yas0323:20200125213353j:plain



 

 

サイズ感と重量

比べるまでもないかもしれないが、

やはり12-100mm PROに比べると圧倒的に小さい。

重量は220g(キャップ込)

M.ZUIKO 12-100mm F4 IS PROが590gだったので約1/3の重量だ。軽い。

OM-D E-M10 Mark.3のカメラ本体の小ささ・軽さが活かせるのは

やっぱりこれくらいのレンズだと思う。

f:id:yas0323:20200125214146j:plain

f:id:yas0323:20200125214705p:plain

 

 

OM-D E-M10 Mark.3に装着して比べてみた

カメラとのバランスも良好。

M.ZUIKO 12-100mm F4 IS PRO装着時は、

むしろレンズがメインかのようなバランスになるが

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH. ではちゃんとカメラが主役になる。

先細り感がなんかちょっとかっこ悪いが、純正フードつけるとデカすぎだ。

レンズと同じくらい長さがある。

f:id:yas0323:20200125220015j:plain
f:id:yas0323:20200125220111j:plain
f:id:yas0323:20200125220049j:plain
f:id:yas0323:20200125220056j:plain

 

フードがかっこ悪いので、サードパーティのやつ買ってみた

純正フードがデカくてダサいというのは、

多くのレビューで書かれているが、やはりそのとおりだった。

そこで、ネットショップ徘徊してフードを探してみた。

ホントはフジツボ型のやつにしたかったのだけど、

タイのネットショップで見つけることができなかったので下の写真のものに。

お値段250バーツ。900円弱くらい。

金属製でも重量11グラムと軽い。

レンズフィルターを付けていても装着可だった。

ただ一旦先細ってから大きくなるというのは何かイマイチな気もする。

やっぱりフジツボ型がほしいかも。

f:id:yas0323:20200125223912j:plain

f:id:yas0323:20200125223843j:plain

 

とりあえず撮ってみた

さすがF1.4。めっちゃボケる!ボケまくる!

撮りたいところにピントが全然合わない、というか

どこを撮りたいのかよくわからない写真になってしまう。

下手くその僕には諸刃の剣かも知れないw

こりゃ特訓が必要だ。

 

写真は全体的になんとなくふわっとした印象。

12−100mmのカリカリ感とは全く違う。
これがLEICAの味なのだろうか。

それと気になったのはフォーカス時の音。

カチャカチャ?音がする。

中古だからなのか、それとも元々こういう音がするのか分からないが、

使っていて結構気になる。

特に静かな環境だと気を遣いそうだ。

 

f:id:yas0323:20200126201854j:plain

 

f:id:yas0323:20200126202639j:plain

 

まとめと感想

とりあえずまだ晩ごはんと居酒屋のカウンターしか撮ってないけど、

レンズの軽さとボケっぷりで大変気に入っております。

どこにでも気軽に持っていける重量と大きさになったのが大変よろしい。

持ち出しが増えて撮影頻度が上がるという点だけでも

買ってよかったと言えるかも。

当分の間、これでスナップ撮りまくって修行ですね。

構図、距離感、設定。

撮らないと上手くならない。

ちゃんと頭を使って撮影するようにしなければ。