Sriracha Life.

シラチャ、パタヤのレストラン情報、アジア旅行記などブログで発信してます

【タイで怪魚釣り!】久々のMongkol Fishing Parkでバラマンディと赤ナマズ!

f:id:yas0323:20200214001826j:plain


先日、日本から仲の良い出張者が来た。

日本時代からの知り合いで、何度か一緒にバス釣りにも行ったし

愛知県から夜中に高速ぶっ飛ばして、

奈良の山奥にあるバス釣りの聖地「池原ダム」にも行ったくらいの釣りバカ。

 

そんな彼が出張で来タイ。

定期的に来ているのだが、今回はどうしても釣りに行きたいらしい。

そのためにわざわざパックロッド(多分割できる竿のこと)を

日本で買って持ってきたとのこと。

そりゃ連れて行ってあげるしかないな、ということで

一番釣れるであろう Mongkol Fishing Park の

スペシャルポンドを予約した。

この釣り場は2回目の投稿となるが、ぶっちゃけかなり釣れる。

とりあえずバラマンディ釣ってみたいなら一番オススメだ。

 

 

Mongkol Fishing Parkの場所と料金

f:id:yas0323:20200214001326j:plain

 

 

スクンビットをバンナーくらいまで走って、セブンイレブンを左折。

そこから道沿いに走っていくと右手にある。

セブンの左折が非常に分かりづらいのと、

メインのバイパスから、一旦側道に出ておかないと

左折ができないので注意。

 

正面におばちゃんがいるので、予約名と人数を伝えて支払いをする。

料金は3名まで一律6300バーツ。

以降1人増えるごとに2100バーツ増加となる。

3名以上がベター。

あまり多いと釣れすぎて大変なので、5人位までがよいかと。

 

受付のときに、お昼ごはんをどうするか聞かれる。

ここで頼んでおけば、12時に釣り場まで持ってきてくれるので楽チン。

ガパオライス、チャーハン、コーラ、ビールをオーダーしておいた。

f:id:yas0323:20200214001625j:plain

 

 

バラマンディのために用意したタックル

実は自分自身も以前日本に帰ったときにニュータックルを用意していた。

出張者がわざわざこのために買ってきた、などと冒頭に書いたが、

人のことをいえる立場ではないw

 

今回用意したのはいずれもパックロッド

最近流行りの旅行用ロッドだ。

昔はパックロッドは1ピースに劣るというのが一般的だったが、

最近は技術の向上によりマルチピース(多分割)でも

1ピースに劣らない性能、耐久性のロッドが数多く出てきた。

今回買ったのはシマノ・スコーピオン1652R-5というモデル。

ハイフンのあとの数字は分割数。つまり5分割だ。

詳細は別ブログで説明するとして、

元々持っていた2セットと合わせて合計3セット用意した。

ロッドは下写真の左から順に

・アブガルシア・ワールドモンスター

・ダイワ・エアエッジモバイル

・シマノ・スコーピオン

リールはいずれもシマノで、

コンクエスト200DC、バンタム、スコーピオンDC

ラインはPE3号にリーダー25ポンド

ルアーはビッグベイトからトップ、クランクなどなんでもござれだ。

f:id:yas0323:20200214004142j:plain

f:id:yas0323:20200214004621j:plain

メインはこの2本

 

 

バラマンディとアジアンレッドテール

9時ごろにスタート。

まずはトップウォーターから攻めるが、反応なし。

フローティングミノーに変えるも食いが浅くイマイチ。

そこでバイブレーションで深めを狙う。

・・・とこれが大ハマリ。

ほぼ1キャスト1ヒット状態となった。

そこからはだんだん魚も浮いてきてミノーやトップでも反応しはじめた。

ビッグベイトでもバゴっと水面を炸裂させて出てくる。

これがバラマンディの醍醐味だ。

f:id:yas0323:20200214005947j:plain

 

釣れすぎてルアーは壊れるわ、腕は疲れるわで、

都度休憩しながら釣り続ける。

お昼にはオーダーしておいたチャーハン。

ビール飲みながら釣りなんて最高の気分だ。

ルアーでこんなに釣れるの初めて!という

主催者にとってはありがたいお言葉も頂いた。

 

個人的にはバラマンディに飽きてきたので、

アジアンレッドテール(ナマズ)狙いに変更。

再度バイブレーションに戻してボトム周辺をトレースすると、

強烈なバイトと横っ走り。

ナマズは一度もジャンプしないのが特徴。

だが引きと体力が凄まじく、ギリギリまで寄せてもまた一気に走っていく。

5分ほど格闘して釣り上げたのがこれ。

自己最大のアジアンレッドテール。メーター超え。

大満足して納竿とした。

f:id:yas0323:20200214005617j:plain

f:id:yas0323:20200214005653j:plain

 

 

まとめ

相変わらずめちゃめちゃ釣れる。

2100バーツと高額だが、初心者でも全く問題なく釣れるので、

道具さえ準備すれば誰でも強烈な引きが楽しめる。

釣りにあまり興味がなくても、一度は試してみる価値があると思う。

楽しすぎてハマるかも?

ランディングからルアーを外すところまで

タイ人スタッフがやってくれるので、魚が触れなくてもOKだしw

 

注意点はトイレがないか、あってもめちゃめちゃ汚いこと。

男はまぁなんとかなるが女性は特に注意が必要。

受付のところから車で移動して別の池まで行くので、

最初の受付のところで済ましておくのがベター。

 

また、今回行ったスペシャルポンドは予約必須。

かならず事前連絡して予約しておきましょう。

ブッキング ダイマイ?で通じます。簡単な英語でも十分。