Sriracha Life.

シラチャ、パタヤのレストラン、ハンバーガー屋訪問記録を中心に発信中。

【スマートウォッチ】P30proのオマケでついてきたHuawei Watch GTを使ってみる

 

先日のブログでも取り上げたとおり、

タイのLazadaでHuawei P30proを予約注文すると、

Huawei Watch GTがオマケでついてくるという

結構太っ腹なキャンペーンを実施していた。

 

最近はアップルウォッチを始めとしたスマートウォッチを見かけることも多くなり、

ウェアラブル端末がどんなものか、何ができるのか興味があったので、とりあえず使ってみることに。

 

Huawei Watch GTって?

何かと話題のHuaweiが発売したスマートウォッチ。

ご利用は計画的に。個人的には問題ないと思っている。

商品詳細は、とりあえず公式サイトが一番。

他社ともっとも違うポイントはバッテリーの持ち。

これは使ってみても体感できる。かるく1週間は充電不要だ。

consumer.huawei.com

サイズ 約46.5 mm (L) x 約46.5 mm (M) x 約10.6 mm (H)
重さ 本体:約46g・+スポーツベルト約66g・+クラシックベルト約63g
ベルト幅 22mm
手首周 140 mm ~ 210 mm
ケース径 46.5 mm
ディスプレイ 1.39インチ AMOLED (有機EL)タッチ対応
解像度 54 x 454 pix (326 ppi)
バッテリー 420 mAh
通信規格 Bluetooth® 4.2 BLE
対応OS Android™ 4.4+ / iOS™ 9.0+
センサー 加速度・ジャイロ・磁気・心拍・環境光・気圧
位置測位方式 GPSGLONASSGalileo
防水 5気圧防水
 

 

 

開封の儀

届いたのは46mmのスポーツモデル。

f:id:yas0323:20190429230953j:plain

開封。かっこよい。

サイズ感は日頃使っているEDDIFICEと同等の46mm。

大きすぎない程度の男性向けサイズ。

何よりもまず驚いたのはその軽さ。

クオーツに比べても圧倒的に軽い。

この重量、サイズで時計だけでなくさまざまな機能があるっていうんだから、

技術の進歩ってすごいね。ほんとに。

 

f:id:yas0323:20190429232802j:plain

同梱物。充電台がダサい。これなくすと一生充電できないやつ。

 

 使用感

とりあえずgifってみたのでどうぞ。

なんとなくイメージは伝わると思う。

左右は表示切り替え、上からだと設定とか。下からだと通知一覧になる。

タッチは極めて自然。イライラする事もなく操作できる。

f:id:yas0323:20190429233121g:plain

画面切り替えのイメージ

 

 できること

 

白文字がボケてるが、写真が下手なだけです、あしからず。

また、保護ガラスも貼ってあるので、ガラス面の縁が目立ってますね。

f:id:yas0323:20190429235036j:plain

時計側。心拍数チェック。

f:id:yas0323:20190429235150j:plain

一覧

 

それをまとめてアプリでヘルスチェック。

f:id:yas0323:20190429234749j:plain

スマホアプリのホーム画面。歩数、睡眠など概要が見える。睡眠が異常に短いが、深夜便で移動していたためで測定ミスではない

f:id:yas0323:20190429234848j:plain

睡眠データ。採点もしてくれる。

 

とりあえずこれしか使ってない。

それぞれスポーツに応じた内容も記録できるようだが、

基本的にゴルフしかしない上、ゴルフはガーミンS60があるのでそちらを利用する。

よって普段使いではヘルスチェックとLINEや電話通知のみ。

 

使ってみた感想

まず軽い。軽いは正義。

シリコンバンドも柔らかく、サラサラで非常につけ心地がよい。

寝てるときにつけるのははじめ違和感があったが、すぐに慣れることができた。

電話通知は便利。マナーでも絶対に気づく。

 

ヘルスチェックは健康に気を使ってない私でも意外と見る。

睡眠記録とか見てるだけでなんだか楽しい。そういや途中で目醒めたな・・・みたいな。

心拍数も、緊張がすぐバレる。楽しいw

 

これで決済までできるようになればベストだが、まだタイではインフラ側がないので、

結局使えないし、いま持つにはちょうどいい感じのスマートウォッチと思う。

 

気に入ったのでまだまだ使い倒そうと思います。