Sriracha Life.

シラチャ、パタヤのレストラン情報、アジア旅行記などを発信します

【チェンマイ】ロイクラトン参戦日記。一生に一度は行く価値ありだが・・・

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 

f:id:yas0323:20201105000502j:plain


 先週末の10月31日、計画していた通りチェンマイのロイクラトン(コムローイ)に参戦してきた。

www.srirachablog.work

 

今回のチェンマイ旅行スケジュールは、

1日目:10月31日(土)フライト、観光、ロイクラトン

2日目:11月1日(日)ゴルフ、サンデーナイトマーケット

3日目:11月2日(月)(有給)ゴルフ、ランチ、カフェ、フライト

ザックリ言うとこんな感じ。

 

写真と内容が多すぎて整理できていないので、

いつぞやかのシンガポールF1参戦日記のように

旅程別にまとめていこうと思う。

f:id:yas0323:20201105023912j:plain

 

ちなみに、初めてチェンマイのロイクラトンに参加した感想は

「日本人による日本人のためのロイクラトン」

という感じ。

夜空に無数の灯篭が舞うあの光景は、想像していたよりもさらに美しく、

現場でしか見れない景色なので、一生に一度は行く価値は十分にあると思う。

 

が、私が期待していたのはタイ人の伝統的かつ壮大なお祭りに

旅行者・外国人としてちょこっと参加させてもらうようなスタイル。

もしくは、タイ人と一緒になって楽しめるようなお祭りだ。

 

でも実際は、H.I.S.が計画・主導し、参加者は99%が日本人で、

つねに日本語が飛び交う、完全に観光客(というか日本人)のためだけに

開催されているようなイベントであった。

チケットの値段がベラボーに高いのも、逆にある意味納得。

 

このイベントを一言でバッサリ切り捨てるならば、

H.I.S.の利益のために造られたイベントだった。

 

なので、タイトルの通り

一度は行く価値はある。だが、二度と行こうとは思わない。

というのが率直な感想だ。

f:id:yas0323:20201105023548j:plain

会場にあったHISの提灯

会場が複数あるので、H.I.S.主導ではない会場ならば、

少しは違う印象になったかもしれない。

だが、どの会場にも参加者としてのタイ人はほとんどいない。

日本人や欧米人と同伴したタイ人だけだ。

つまりそういうことだ。

 

タイ人はタイ人同士ちゃんと別の場所(スコータイとか)で

お祭りをやっているのだ。

ある意味で社会勉強になった1日だった。

  

 

でもチェンマイの街自体は大好きだし、ご飯は何食べてもおいしいし、

ゴルフもビックリするくらい安くて高コスパだったので、

旅行自体はメッチャ楽しかったです、ハイ。

ロイクラトン関係なく行きたい、というか住みたいチェンマイ。

 

以下のような感じでアップしていきます。随時更新。

1.Doi Pui(ドイ プイ)観光

聞いたこともない場所だったけど、行ってみてかなりのお気に入り。

一番奥のカフェが良かった。また行きたい。

www.srirachablog.work

2.ドイステープ~ワットウモーンお寺巡り

 チェンマイと言えばドイステープ。階段が苦行だが黄金の塔は美しい。

ウモーンはついでに寄る感じでちょうどいいところ。静かで気持ちいい。

www.srirachablog.work

 

www.srirachablog.work

 

3.ロイクラトン(コムローイ)

4.チェンマイのゴルフ

5.サンデーナイトマーケット

6.おしゃれカフェ「Ristr8to」

7.ホテル、フライト情報、まとめ