Sriracha Life.

シラチャ、パタヤのレストラン情報、アジア旅行記などを発信します

オークリーのサングラスが全品60%オフ!シラチャのメガネ屋TOP CHAROEN

 

f:id:yas0323:20200523225423j:plain

デパートやショッピングモールの営業が先週より解禁されたタイ。

約2ヶ月ほど週末自宅待機していたので物欲がMAXに溜まっている。

そこで前々から気になっていたゴルフ用の偏光サングラスを調達すべく、シラチャのメガネ屋さん「TOP CHAROEN」に訪れてみた。

 

 

TOP CHAROEN OPTICAL

f:id:yas0323:20200523225303p:plain

このマークでおなじみTOP CHAROEN

シラチャの街中だけで3店舗くらいあるタイのメガネ屋チェーン。

ロビンソンの南側に大きな店舗を構えている。

(なぜかGoogleマップに無いがストリートビューからは見える)

f:id:yas0323:20200523225818j:plain

 

オークリーのゴルフ用偏光グラス

オークリーのサングラスは野球でいえばイチロー、ゴルフで言えば宮里藍や松山英樹が使用していることでも有名。各種スポーツ向けに専用設計した偏光レンズを採用している。

偏光レンズはドライブ用や釣り用としてもよく使われているが、要するに水面やガラス面などからの反射光を遮り直接入ってくる光だけを透過するので、反射のギラツキを抑えて見やすくなるというものだ。

詳しい仕組みはれんず屋さんのサイトをご覧あれ。

 

そんな中でもゴルフ用に専用設計されているのがPRIZM GOLFというシリーズ。

芝目や凹凸が見やすくなるとか。

https://www.oakley.com/ja-jp/prizm/golf

 

TOP CHAROENなら表示価格から全品60%オフ!

表示価格は非常に高い。

購入しようと考えていたPRIZM GOLFのFLAK2.0というモデルは表示価格で何と9,800バーツ。(約3万4千円)

日本の楽天市場では1万5千円くらいなので2倍以上の価格だ。

諦めて日本に帰ったときに買おうかなーと思っていたら、

店員のお姉さんがディスカウントしていると教えてくれた。

「タオライ(いくら)?」と聞いてみると、「60%ディスカウント」との回答。

60%になるのかと思ったら、60%カットだそうだ。

何とまぁ半額以下だ。FLAK2.0なら3,920バーツ。しかも税込み。

約1万3千円だ、日本で買うより安い。

こりゃ買うしかない。

そこから調子に乗っていくつか比較したものの、結局最初からほしいと思っていたFLAT2.0をお買い上げした。

 

開封の儀

恒例の開封式。紙袋から始めよう。

f:id:yas0323:20200523234231j:plain

TOP CHAROENの紙袋
f:id:yas0323:20200523234248j:plain
f:id:yas0323:20200523234252j:plain
外箱
f:id:yas0323:20200523234430j:plain
f:id:yas0323:20200523234519j:plain
中身一覧とケース

f:id:yas0323:20200523234716j:plain

ドーン!ハーフミラーのポラライズドレンズがオシャレ。

f:id:yas0323:20200523235056j:plain

横から

f:id:yas0323:20200523235112j:plain

内側

f:id:yas0323:20200523235146j:plain

閉じてみた

f:id:yas0323:20200523235552j:plain

重量はたったの24.5グラム!

とりあえずまとめ

今日はここまで。インプレは次回ゴルフで使ってみてからのお楽しみ。

それにしても、定価が高すぎるのか割引が強烈なのか分からないがこの価格で販売されているのはとてもありがたい。

ゴルフはどうしてもクラブへの投資が優先になってしまい、なかなかサングラスにお金をかける勇気がなかったが、この価格なら手が出せる。

特にタイは紫外線もキツいので、目を保護するという意味でもサングラス・偏光グラスは使っておいたほうが良いと思う。

と言いつつすでにサングラス未着用のままタイでゴルフをして2年経っているけども。

 

このモデル以外にも定価7,000〜11,000バーツくらいまで幅広く取り扱っていた。

定価7,000なら割引後2,800バーツ、11,000のものでも4,400バーツまで下がる。

一度おとずれてみる価値はあるかと。

 

タイのゴルフ場Royal Gems Golf Cityでオーガスタを体感!(インコース編)

 

f:id:yas0323:20200514003221j:plain

前回の記事に引き続き、Royal Gems Golf Cityをご紹介。

http://www.royalgemsgolfcity.com/index.php

ここは世界の有名コースをイミテーションして作ったゴルフ場で、

OUTコースは世界中の名門コースの名物ホールを1つずつ、

そしてINコースは何とあのマスターズ開催コースとして有名

オーガスタゴルフコースのINコースを完全にコピーしたという

ある意味タイらしいとも言える一風変わったゴルフ場となっている。

 

今回は後編としてインコース(10番~18番)のモデルとなった

あの有名なオーガスタゴルフコース

Royal Gems Golf Cityのコースを比較しながら紹介する。

 

INコース

10H:オーガスタ10番 Camellia

いよいよここからオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ(のコピー)

優勝争いのバックナイン(のつもり)

左ドッグレッグのパー4。2nd地点からグリーンを見たところ。

前回書いた通り、新しいゴルフ場でまだ木が低いため雰囲気は出ないが、

バンカーレイアウトもそっくり。

f:id:yas0323:20200513224533p:plain
f:id:yas0323:20200513224524p:plain
左:オーガスタ10番  右:Royal Gems Golf City10番

11H:オーガスタ11番 White Dogwood

かの有名なアーメンコーナーのスタート。

風が強く読むのが難しいため、ここから3ホールを無事に抜けるには神に祈るしかないという逸話から「アーメンコーナー」と言われるようになった。

なだらかに右ドッグレッグし最後グリーンが左サイド。

そしてグリーン左と奥は池。

f:id:yas0323:20200513230225p:plain
f:id:yas0323:20200513225410j:plain
左:オーガスタ11番  右:Royal Gems Golf City11番

 

f:id:yas0323:20200513230824p:plain
f:id:yas0323:20200513230530j:plain
左:オーガスタ11番  右:Royal Gems Golf City11番

 

12H:オーガスタ12番 Golden Bell

池超えのパー3。非常に美しいホール。

アーメンコーナーの角に位置する。

トッププロたちが何度も池に入れる姿を思い浮かべながら、

自分はプロより上手いと勘違いしてプレーできる。

このへんで気分は最高潮に。

f:id:yas0323:20200513231415p:plain
f:id:yas0323:20200513231249j:plain
左:オーガスタ12番  右:Royal Gems Golf City12番

f:id:yas0323:20200513232003j:plain

f:id:yas0323:20200513232025j:plain

13H:オーガスタ13番 Azalea

アーメンコーナー最後のホール。左ドッグのパー5。

ずっと左サイドがクリークでそれがグリーン手前を横断する。

左のクリークに向かって傾斜してるしめっちゃムズい。

f:id:yas0323:20200513232832p:plain
f:id:yas0323:20200513232718p:plain
左:オーガスタ13番  右:Royal Gems Golf City13番
f:id:yas0323:20200513233008p:plain
f:id:yas0323:20200513232925j:plain
左:オーガスタ13番  右:Royal Gems Golf City13番

14H:オーガスタ14番 Chinese Fir

ちょっと一息つける、まっすぐのホール。

あんまり印象に残っていない。

比較対象の本物の画像も検索で出てこなかったので、

ここはあまり特徴がないんだと思う。

f:id:yas0323:20200513233405j:plain

 

 

15H:オーガスタ15番 Firethorn

グリーン手前にポッカリと口を開ける池。

短めのパー5なので、PGAプロはこの池を物ともせずに2オンしていく。

我々は当然3オン狙い。

f:id:yas0323:20200513234029p:plain
f:id:yas0323:20200513233953j:plain
左:オーガスタ15番  右:Royal Gems Golf City15番

16H:オーガスタ16番 Redbud

またしても池超えのパー3。グリーンと池のコントラストが美しい。

f:id:yas0323:20200513235008p:plain
f:id:yas0323:20200513234742j:plain
左:オーガスタ16番  右:Royal Gems Golf City16番

 

17H:オーガスタ17番 Nandina

ティーグランド両サイドが大木で囲まれた、まさにオーガスタ!という感じのホール・・・のはずだが、木が低い。

あと10年もすればすっかりオーガスタに。

f:id:yas0323:20200513235545p:plain
f:id:yas0323:20200514000742j:plain
左:オーガスタ17番  右:Royal Gems Golf City17番

 

18H:オーガスタ18番 Holly

オーガスタに2つしかない右ドッグレッグのうちの1つ。

最終パットを決めてタイガーっぽいガッツポーズを決めよう。

f:id:yas0323:20200514000432p:plain
f:id:yas0323:20200513235701j:plain
左:オーガスタ18番  右:Royal Gems Golf City18番

2019 Masters: Perfect timing: Tiger Woods turns back clock at ...

クラブハウス

高級コースだけあって内装も非常に綺麗だった。文句なし。

食事はとっていないのでレポートできず。ごめんなさい。

f:id:yas0323:20200514001104j:plain

f:id:yas0323:20200514001119j:plain

まとめ

ということで、2回に分けてお送りしたRoyal Gems Golf City。

特に後半はあの有名なオーガスタで、まるでタイガーにでもなったかのような感覚でプレーできる。アーメンコーナーのパー3などは、PGAツアー好きの人ならテンション上がること間違いなし!

ゴルフ好きなら絶対にプレイしてほしい、タイ一番のおすすめゴルフ場だ。

 

http://www.royalgemsgolfcity.com/index.php

 

TaylorMade P7 TW アイアンセット RH 3-PW スチールスティフ

 

タイのゴルフ場Royal Gems Golf Cityで世界の有名コースをまとめてプレー!(アウトコース編)

 

f:id:yas0323:20200510214850j:plain

5月3日よりゴルフ場の営業が再開された。

マスク着用必須、ロッカー使用禁止、前後組とのスペース拡大など

いろいろな条件があるものの、一応プレーはできているようだ。

 

そこで、今回はタイで個人的に一番行きたいゴルフ場である

Royal Gems Golf Cityをご紹介。

http://www.royalgemsgolfcity.com/index.php

ここは世界の有名コースをイミテーションして作ったゴルフ場で、

OUTコースは世界中の名門コースの名物ホールを1つずつ、

そしてINコースは何とあのマスターズ開催コースとして有名

オーガスタゴルフコースのINコースを完全にコピーしたという

ある意味タイらしいとも言える一風変わったゴルフ場となっている。

 ゴルフ場自体はタイの中でも超高級な部類で、プレーするにはメンバー同伴必須など条件も厳しいが、何度でもラウンドしたいと思える面白いコースだ。

 

長くなるので今回はアウトコース(1番~9番)までのモデルとなったコースと

Royal Gems Golf Cityを比較しながら紹介。

 

OUTコース

1H:オークモントカントリークラブ 3番ホール

世界ベスト100コースの8位にランクするオークモント。

全米オープンも8回開催されるほどの超ウルトラ名門だ。

そのなかでも名物ホールとして有名な「チャーチピューズ(教会の椅子)」と呼ばれる段々畑のようなバンカーがある3番ホール。

Royal Gemsの1番ホールはこれをイミテーションしている。

f:id:yas0323:20200510133629j:plain
f:id:yas0323:20200510133811j:plain
左:オークモント3H  右:Royal Gems Golf City1H

f:id:yas0323:20200510133723j:plain

Royal Gems Golf City 1Hティーグラウンドから

 

2H:ベイヒルC&L 6番ホール

左に大きく構える池を回り込む2番ホール。

ここはアーノルドパーマー招待というアメリカツアーで使われるベイヒルC&Lの6番ホール。PGAツアーだと池越え1オン狙うのだとか。んなアホな。。。

f:id:yas0323:20200510150751j:plain
f:id:yas0323:20200510134523j:plain
左:ベイヒル  右:Royal Gems Golf City

3H:TPCソーグラス 17番ホール

第5のメジャーとして知られる「ザ・プレーヤーズ選手権」が開催されるTPCソーグラス。その中でも最も有名で名物ホールである浮島の17番パー3。松山英樹が2回池に入れたこともあるほど難易度も高く、全体がスタジアムのように観客席で囲まれる。

Royal Gems Golf Cityの3番はそれをミラーコピーとしてイミテート。

左右反対となっている。

f:id:yas0323:20200510135631j:plain
f:id:yas0323:20200510135938j:plain
左:ソーグラス17番  右:Royal Gems Golf City 3H

4H:ドラルマイアミゴルフコース ブルーモンスター18番ホール

米キャデラック選手権なども開催されるトランプ系列のゴルフ場。

その最も美しい18番ホール。ここも左サイドは全て池となる。

グリーン手前の3本の木もちゃんと再現。

f:id:yas0323:20200510145316j:plain
f:id:yas0323:20200510142341j:plain
左:ドラル  右:Royal Gems Golf City 4H

5H:ロイヤルトゥルーンゴルフクラブ 8番ホール

全英オープンの舞台にもなったスコットランドにあるロイヤルトゥーンゴルフクラブのパー3。芝が緑なのでリンクスっぽさが出ないが。。。

左側のブッシュに入れると一撃ロストボール。

f:id:yas0323:20200510142423j:plain

 

6H:セントアンドリュース オールドコース17番ホール

ついに来ましたゴルフの聖地セントアンドリュース。

その中でもホテル越えで有名な17番。

Royal Gems Golf Cityも心の目で見ればホテルが見える・・・!?w

f:id:yas0323:20200510143626j:plain
f:id:yas0323:20200510143718j:plain
左:セントアンドリュース 右:Royal Gems Golf City 6H

f:id:yas0323:20200510144621j:plain

アンジュレーションも半端ない

7H:べステージステートパークGC ブラックコース4番ホール

全米オープンも開催されたニューヨークにあるパブリックコース。

メンバーシップではないので、誰でもプレー出来て人気。

そんな中でもバンカーだらけな4番ホール。

Royal Gems Golf Cityはまだ比較的新しいゴルフ場なので、木が成長しておらず低い。

f:id:yas0323:20200510145828j:plain
f:id:yas0323:20200510145559j:plain
左:べステージステートパーク  右:Royal Gems Golf City 7H

8H:ウイングドフットGC ウエストコース 10番ホール

全米オープン5度開催の超名門コース。そして2020年の全米オープン会場にも決まっている。(コロナの影響で開催されるかどうか分からないが)

その10番パー3。打ち下ろしで木に囲まれたホール。木が足りないけど。

f:id:yas0323:20200510151446j:plain
f:id:yas0323:20200510151606j:plain
左:ウイングドフット 右:Royal Gems Golf City 8H

9H:ベルフライゴルフクラブ 10番ホール

イングランドの名門コース。

僕の写真が下手すぎて全く良さが伝わってこないが、ここの魅力はセカンドショット。

グリーン手前に川があってそれを横切るようになっている。

f:id:yas0323:20200510152848j:plain
f:id:yas0323:20200510152833j:plain
左:ベルフライ  右:Royal Gems Golf City 9H

f:id:yas0323:20200510152816j:plain

前編まとめ

1~9番までアメリカおよびイギリスの超名門をイミテーションしている。

どのホールもそれぞれ個性というか特徴があって、あっと言う間にラウンドが終わってしまうくらい楽しい。

タイの中でも高級なコースなので管理も行き届いているし。

一度しかラウンドしたことがないが、ラウンド後すぐにまた行きたいと思わせてくれる良いコースだった。

完全メンバーシップ制だが、旅行のパックツアーならラウンドも可能だ。

(最初の数ホール現地メンバーと回ることになるが)

タイでゴルフしに来るなら候補に入れてみてはいかがでしょう。

http://www.royalgemsgolfcity.com/index.php

 

次回は後編ということで、あのオーガスタINコースをラウンド!

(イミテーションです)

 

シラチャのラッキーゴルフでパターのグリップ交換。

f:id:yas0323:20190913220532j:plain

グリップ持ち込みで80バーツでした。

約280円。安いね!

 

ラッキーゴルフ

シラチャの街中にあるゴルフショップ。

小さいお店だけど結構長らく続いているみたい。

アタラモールから歩いて1分。

先日紹介したカフェカンタリーからも歩いて1分。

シラチャでコーヒー飲むならカフェカンタリーでゆったりと。 - Sriracha Life.

f:id:yas0323:20190913220833j:plain

右隣はマッサージ店

f:id:yas0323:20190913220838j:plain

入り口

f:id:yas0323:20190913220842j:plain

店内

 

 

 

エースパター

オデッセイ ホワイトダマスカス#9。

フェースだけじゃなくて全体がダマスカス鋼のデザインのやつ。

かつて(ちょっとだけ)石川遼プロも使用していたパターだ。

もちろん、石川遼に憧れて買ったのは言うまでもない。

ダマスカス鋼の模様が美しい。

5,6年前くらいにネットで探し回ってやっと見つけた35インチモデルだ。

もちろん中古。でもかなりキレイだった。

オデッセイにしては珍しい硬めの打感と音が好き。

f:id:yas0323:20190913222325j:plain

f:id:yas0323:20190913222329j:plain

 

 

パターグリップ

ずっと大事に使っているのでヘッドやフェースはキレイ。

だがいかんせんグリップはどうにもならない。

3年ほど前に差し替えたスーパーストローク1.0SLIM(だったと思う)が、

紫外線でやられたのか、ボロボロになって粉がでるようになってしまった。

f:id:yas0323:20190913223947j:plain

ボロボロです

 

そこで、先日バンコクに行った際、タニヤプラザに寄ってグリップを購入。

買ったのは同じくスーパーストロークだが、

1.0SLIMはもう廃盤なのか見当たらないため、

PISTOL GT TOURにしてみた。

基本細めのグリップが好きなのでいい感じ。

根元側がピストルのように膨らんでいるデザインだ。

 

 

グリップ交換

そのグリップとパターを持って店内に入ると、

店長らしきおばちゃんがすぐにこちらの意向を察してくれた。

なんて優しいんだ。

交換80THBとのこと。

30分くらい待ってねーと言われたので、

カフェカンタリーでアイスクリーム食べて待機。

www.srirachablog.work

 

1時間くらいまったりして再度訪れると、バッチリ仕上がっていた。

ズレもなく良好。

今日はまだ固まってないからプレーしないでねと言ってくれた。

ちゃんとしてるお店だ。

 

これでバンバンパター入るようになったら良いな。

f:id:yas0323:20190913224012j:plain

f:id:yas0323:20190913224015j:plain

 

 

まとめ

技術もちゃんとしてるし、価格も良心的。

おばちゃんもかなりいい人。

良いお店ですね。

長続きするのも良くわかる。

 

80バーツだったので100バーツ渡して

お釣りいらないよ、と言ってもちゃんと返してくれる。

20バーツはチップのつもりだったのに。

それくらいいい人。

 

だからついでに一杯積んであったロストボールも買いました。

Srixon Z-STAR XVとTitlist Pro V1X。

10球で300THBのパックを1つずつ。

スコア90くらいの人間にはロストで十分です。

新品の安物ボール買うよりは、ハイエンドのロストボールを買うべき。

 

近いのでまた買いに行きます。

 

【ゴルフ】インドネシアにゴルフしに行ってみた。(2日目)

前回の続き。

タイからシンガポール経由でインドネシアのバタム島へ行きゴルフしてきました。

 

www.srirachablog.work

 

 

1日目でガッツリやられたので、2日目は何とか80台を目指す。

天気は今日も快晴。暑いが最高のゴルフ日和。風も弱まり、言い訳はできなくなった。

わざわざインドネシアまで来てるのだ。がんばらねば。

 

ちなみに、タイと違ってキャディさんは2人に1人。

カート2人で乗り、キャディさんはゴルフバッグのところに立って乗るスタイル。

最初は振り落としてしまわないかと結構心配したが、

キャディも慣れたもので全然平気。

でも急発進、急ブレーキ、急カーブはやめましょうね。

f:id:yas0323:20190731234347j:plain

名物パー3。めちゃ難しい。

f:id:yas0323:20190731234352j:plain

なんとか80台で。

 

昼食はインドネシア料理を堪能

なんとか80台で収めることができ、気分良くお昼ごはん。

ラウンド終了後、そのままレストランでいただく。

インドネシアといえばナシゴレン。

タイで言うカウパット。要するにチャーハンである。

 

「まぁ所詮チャーハンだし」とか思って舐めてましたゴメンナサイ。

なにこれ美味しいじゃん!ナシゴレンめちゃめちゃ美味しいぞ。

こりゃタイのカウパットとは完全に別料理だな。

 

それ以外の料理もどれも美味しくて、タイとは全然違う味付け。

近いようで結構違うもんですね。

f:id:yas0323:20190731235102j:plain

ナシゴレン

f:id:yas0323:20190731235113j:plain

ソテー(だっけ?)

f:id:yas0323:20190731235148j:plain

追いナシゴレン笑(ちょっと辛い方)

f:id:yas0323:20190731235157j:plain

いんげん豆の天ぷらみたいな

 

フェリー乗り場でアイスクリーム

シャワーを浴びて着替えたら、バンでフェリー乗り場へ。

ちょっと待ち時間があったので、疲れた体にアイスクリーム。

運動して疲れると甘いもの食べたくなる。

せっかくなので見たこと無いやつを。

でもあんまり攻めたチョイスはできず、無難にモナカアイスに。

甘さが日本より一段上。めっちゃ甘い。美味しいけど甘い。

f:id:yas0323:20190731235634j:plain

チョコモナカジャンボ的な。

チャンギ国際空港(T4)からタイへ帰国

フェリーを降りて速攻タクシー手配。

キャディバッグも乗せるので、大型のタクシーに乗り込む。

空港まで50ドルだったかな。割り勘したので忘れてしまった。

フェリー乗り場から定額で行ってくれるので安心だし、

大人数ならそこまで高くもならないので良いです。

セダンだと2台に別れないといけないしね。

 

チャンギ国際空港(T4)は、なんとチェックインカウンターに人がいない。

完全セルフチェックイン状態。

流石にオーバーサイズは人がいるところで申し込まないと駄目だったけど、

普通に乗る場合はチェックインから出国検査まで完全に無人対応。

すごいね。タイも早くこうなってほしい。

日本も日本人はほぼ自動出入国になったけど、チェックインまでは自動じゃない。

チェックインで並ぶのが一番時間の無駄なので、

この無人化は早く展開されるべきと思う。

f:id:yas0323:20190801000550j:plain

f:id:yas0323:20190801000604j:plain

f:id:yas0323:20190801000636j:plain

 

 

ラウンジで休憩

チャンギにももちろんプライオリティパスで入れるラウンジがあった。

シンガポールはめったに来れないので、同行の2名に断って一人でラウンジに入らせてもらう。

一緒に入っても良いんだけど、2人目からはお金かかるからね。

このラウンジは珍しく部屋になっていなくて、開放空間になっている。

写真だと狭く見えるけど、食事エリアとは別にソファー席みたいなのもあって、

全体ではかなり広い。下フロアと吹き抜けになっている。

 

でもプライオリティパスってホント便利。作っておいて絶対損はない。

ドリンク、軽食はだいたいラウンジで済ませられるし、

スマホやPC、ガジェット類の充電にも困らない。

世界中どこの空港でも入れるラウンジがあるというのは相当なメリットと思います。

f:id:yas0323:20190801001057j:plain

ラウンジ

f:id:yas0323:20190801001107j:plain

ドリンク類

f:id:yas0323:20190801001119j:plain

サラダバー

 

AirAsiaでタイへ帰国

帰国便はFD359。

20:40チャンギ国際空港発 2205ドンムアン着。

時差1時間なので約2時間半のフライト。

土日弾丸ゴルフツアーもこれでおしまい。あっという間の2日間。

窓から見えるシンガポールの夜景が綺麗だった。

 

今回、シンガポールはほとんど滞在しなかったけど、

インドネシアは料理も美味しいし、ゴルフも楽しく良いところです。

ジャカルタとか都会のほうも一度は行ってみたいですね。

 

シンガポールは9月にF1見に行くので、そのときにしっかり楽しみます。

f:id:yas0323:20190801002003j:plain

 

 

【ゴルフ】インドネシアにゴルフしに行ってみた。(1日目)

f:id:yas0323:20190724233614j:plain


2019年7月上旬。

会社の上司からのお誘いで、インドネシアでゴルフをすることに。

 

事の経緯は、以前シンガポール駐在の方がタイに遊びに来ていて、

そのときに次はシンガポールで!という話になっていたらしい。

 

ただ、シンガポールでゴルフなんぞできたものではない。高すぎて。

その上、たぶんメンバーじゃないと無理。

だからシンガポール在住の方たちは、

フェリーでバタム島というところに行って、ゴルフを楽しんでいるらしい。

 

今回そのプランに思いっきり乗っかって、土日弾丸ゴルフツアーしてきました。

 

 

まずはシンガポールへ

今回利用したのは、AirAsia FD359便。

朝6:55ドンムアン国際空港発、10:25シンガポール・チャンギ国際空港着。

シンガポールは1時間時差があるので、フライトは約2時間半。

かなり眠いが、弾丸ツアーの宿命である。

朝3時に家を出て、ドンムアンに到着。

 

ゴルフバッグも無事お預け。大型荷物は別のカウンター。

チェックインはかなり空いていて、30分程度で出国検査まで終えてしまった。

私は楽天カードマンで作ったプライオリティパスを持っているので、

約1時間ラウンジでまったり、、、とはいかず、

同行の上司とともに朝マックで朝食。

プライオリティパス作ったほうが良いですよと全力でアピールしておいた。

 

ドンムアンはよく使っているので写真を撮る気にもならず、

おとなしく飛行機へ搭乗。

エアアジアのセクシーなCAさんたちを見ながら、2時間半のフライト。

なかなか寝付けず、ウトウトしはじめたころに着陸態勢。

約2時間で到着してしまった。早い。

f:id:yas0323:20190724231351j:plain

f:id:yas0323:20190724231357j:plain


エアアジアはすべてチャンギ国際空港の第4ターミナル(T4)に到着するらしい。

T4は最近オープンしたばかりで、めちゃめちゃキレイ。

ドンムアンからの格差がすごい。

先進国をこれでもかと感じることができる。

 

審査が終わって、荷物ピックアップへ。

ゴルフバッグは無事オーバーサイズバゲッジのところから出てきた。

これでひと安心。とりあえずゴルフはできそうである。

ターミナル出口で駐在員と合流しそこからフェリーターミナルに向かう。

行先はハーバーフロントというところ。

https://goo.gl/maps/cinS4beJD7MxYAtp8

オフィスビル&テナントになっていて、

お土産屋さんから電化製品、レストランなどなんでもあり。

とりあえず、フードコートでシンガポールっぽいなにかを食べてみることにした。

f:id:yas0323:20190724232620j:plain

I♡SG

f:id:yas0323:20190724232629j:plain

f:id:yas0323:20190724232721j:plain

f:id:yas0323:20190724232715j:plain

俗にいうところのカオマンガイである。タイでも食えるじゃねーか!

シンガポールなら海南鶏飯(ハイナンチキンライス)という名前。

味はまぁそれなり。想像以上でも以下でもない味。

まぁフードコートだしね。大して期待はしていないのでまぁ良いでしょう。

 

 

フェリーでバタム島へ!

そうこうしているうちにフェリーの時間になったので、フェリー乗り場へ向かう。

ゴルフバッグはすでに予約カウンターで預け済み。

ここから再度出国となる。パスポートもあずける。

今回乗ったフェリーはBATAM FASTというフェリー。

マカオでも何とかFASTだったような。。。高速艇に有りがちな名前なのか。

さすがにFASTというだけあって、かなりのスピードで走る。

バタム島までは約45分の航海。ほとんど揺れないし快適。

フェリー内で入国カードを渡されるので記入しておく。

f:id:yas0323:20190724233057j:plain

f:id:yas0323:20190724233104j:plain

f:id:yas0323:20190724233451j:plain

フェリー

 

f:id:yas0323:20190724233529j:plain

到着!降りたらもうインドネシア!

f:id:yas0323:20190724233614j:plain

 素晴らしい天気。ちょっと風が強いけど最高のゴルフ日和。

 

 

道中の写真を撮り忘れたが、

つい1時間前まで見ていた先進国との格差がすごい。一気に発展途上国。

たった1時間の距離でこんなにも違うとは。

国が違うとはこういうことなんだと改めて実感。

 

フェリー乗り場からゴルフ場の専用バンでSouth Linksというゴルフ場へ。約15分。 

フェリー往復、送迎、ホテル宿泊、ゴルフ2ラウンド分まで含んだ

セットプランになっていて、支払いはすべてゴルフ場で済ませる。

合計350シンガポールドル。約2万8千円。

フェリーやホテルまで込みとなると結構リーズナブルな金額ではなかろうか。

もしシンガポールでゴルフするとなると、1ラウンドだけでもその額を超えるであろう。

なるほどみんなバタム島へ行くわけだ。

 

ゴルフ場はタイと似たような感じだが、いかんせん池が多い。

グリーンギリギリまで回り込んである池が多くあり、

セカンドショット、アプローチまで結構なプレッシャーがかかる。

朝3時起きで睡眠不足(言い訳)、

移動でかなり疲れていたこともあり(言い訳)、

8発も池にボールを奉納してしまった。

あぁ高級ボールが。。。 初日スコアは94。

 

f:id:yas0323:20190725232152j:plain

 

f:id:yas0323:20190725232207j:plain

f:id:yas0323:20190725232247j:plain

 

 

蒸し焼き料理で晩飯

その日の夜は、別の駐在の方も集まってバタム島の蒸し料理レストランへ。

初めて食べる料理。

まず、蒸気が出るホットプレート的な装置の中に、生米と水を一番下へ。

そしてその上にプレートを置き、海鮮(エビ、イカ、貝など)を蒸し焼きする。

味付けは無し。しょうゆベースのタレを付けて食べる。

これが結構うまい。というかほぼ素材の味。

タイで素材の味を生かした料理など皆無なので、

こういったシンプルな料理が同じ東南アジアで食べられるとは思ってもいなかった。

そして、海鮮を食べ終わると、

出汁が下に落ちて旨味が加わった雑炊が勝手に完成している。合理的だ。

締めの海鮮雑炊。これまた旨い。

インドネシアのBINTANGビールもあっさりして飲みやすく、

初めてのインドネシアで美味しい夕食を楽しむことができた。

f:id:yas0323:20190725232316j:plain

f:id:yas0323:20190725232326j:plain

生米を下に

f:id:yas0323:20190725232339j:plain

f:id:yas0323:20190725232359j:plain

f:id:yas0323:20190725232408j:plain

f:id:yas0323:20190725232419j:plain

ビンタンビール

 

2日目に続く。

 

追伸:プライオリティパスについて

 

プライオリティパスは世界1200ヵ所以上のラウンジが無料で利用でき、

例えばタイなら制限区域内にあるミラクルラウンジ等で

無料で食事を取ったりビールを飲むことができます。

またWifiも完備されているし、充電用のコンセントも使い放題。

海外出張が多い方、旅行が趣味の方は絶対に持っておくべきカード。

 

楽天プレミアムカードは年会費10,800円 でプライオリティパスが付帯。

一番安いプライオリティパスの取得方法です。

単独で申し込むと2万円以上ですし、他のゴールドでもプライオリティパス付帯の

カードは3万円以上の年会費が必要です。

 

 

 

また、クレジットカード発行はポイントサイト経由がお得です。

下記は一例としてMoppyというポイントサイトですが、

例えばここに登録して楽天カードに申し込むと、

楽天ポイントとは別にさらに10,000ポイント(1万円相当)獲得できます。

カードは直接発行よりポイントサイト経由が絶対にお得。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 この手のポイントサイトの紹介、カード紹介サイトやブログは

無数にありますので、一度調べてみると面白いと思います。

 

私もはてなブログやその他のサイトを参考に、

ANAカード、楽天カード、SPGアメックス等を保持していて、

それぞれのメリットをうまく活用して、ポイントを貯めたり、

空港免税店で割引を得たり、ホテル無料宿泊したりと

多数の特典を得ることが出来ています。

そのあたりはちょこちょこ別途ブログに書きますが、

その手のプロブロガーは山ほどいますので勝負しません(笑

 

 

【ゴルフ】PUMAのゴルフシューズ購入!ロビンソンの新店舗

今日はゴルフネタ。スワイスワイなシューズ買いました。ちょっと古いけどね。

 

先週、Mt.Shadow golf clubでのプレー中キャディに轢かれ

(といってもシューズの踵だけだが)、

お気に入りのシューズのBoaカリカリ締めるやつ)が壊れてしまった。

まだ半年くらいしか履いていないのに。。。なんてこった。

f:id:yas0323:20190302200911j:plain

右側のBoaが効かなくなった。どっかで直せないかな。。。

一応もう一足持ってはいるけど

シューズは二足以上でローテしないと長持ちしないし、

2日連続のゴルフで初日大雨とかに当たると大変なことになるので

シラチャのロビンソンにシューズを買いに行ってきた。

 

壊れてしまったのはFOOTJOYのD.N.A.(17年モデル)

ロビンソン3Fにある総合スポーツ店に

同じシリーズの18年モデルがあることは以前から確認済み。

とりあえず同タイプを、と思い見に行く。

 

もちろん下調べとして事前に日本のネットショッピングで価格をチェック。

高級なシューズの部類で発売当初は2万5千円程度だったが、

18年モデルのため、すでに楽天やYahooショッピングでは12,000円程度になっている。

さらにポイントも山盛りだ。

 

が、そこはさすがタイ。ゴルフ用品は高い。

お値段なんと7280THBである。  7,250×約3.5円/THB=25,375円!!! 

流石に倍の値段は手が出ないぞ、ぐぬぬぬぬ。。。

 

ディスカウントダイマイ?と聞いてもメダーイ!との回答。

already discount! 9100→7280THB

あーそうですか、そうですか。

楽天グローバルエクスプレスで個人輸入したほうが安いぞ。

 

それ以外のモデルもあったがデザイン的に好みじゃない。

adidasがセールしてるみたいだったが、これもパス。

20分ほど悩んだものの、やっぱイラネって言って退散した。

 

あー、日本で買ってハンドキャリーするか。。。

 

なんて思いながらフラフラ歩いてたら、

同フロアのロビンソンとパシフィックパークとの境目に

ちっちゃい個人ショップを発見。

 

店長っぽい人から声をかけられたので、ちらっと見に行く。

f:id:yas0323:20190302193808j:plain

かなり小さいお店。Glor golfと書いてある。写ってるのが店長らしき人。

どうやらプーマのお店らしい。

Cobraのクラブとプーマのシューズ、キャップが陳列してある。

プーマ好き。これは良さげ。

おっちゃん曰く、NEWショップらしい。どうりで見たこと無いわけだ。

 

さらっとシューズを物色すると、好みなシューズを発見。

おっちゃんも「リッキー、リッキー」としきりに言ってくる。

リッキーファウラーのモデルだ、知ってるよ。

なぜならハイカットのやつ持ってるからね。

 

値札は8900THBだ。高い!

「おっちゃん、高いぜ」

「ディスカウント ダーイ。30%!6230THB!」

「6000にして」

「オッケー!」

…早い。もっと攻めればよかった(笑

 

クレジットカードは?と言ったらNGと言われたので、

仕方なく4FのATMで現金を下ろし、おっちゃんに支払い。

 

半ば衝動買いに近い。値段相場も調べてない。

が、まぁ気に入ったの買えたから良しとしよう。(と自分に言い聞かせる

狙ってたD.N.A.と1280しか変わらないけど、

ちょっと古いモデルなので、たぶんもう手に入らないし。(言い訳

 

おっちゃん、ありがとう。握手。また来るぜ!

 

てくてくお家に帰り、御開帳である。

f:id:yas0323:20190302195119j:plain

PUMA!

f:id:yas0323:20190302195156j:plain

じゃーん!

f:id:yas0323:20190302193611j:plain

かっちょいいぜリッキー。

f:id:yas0323:20190302195614j:plain

上から。タン部にBoaがある(正確に言うとBoaではなくPuma独自のやつ)

f:id:yas0323:20190302195720j:plain

puma!

f:id:yas0323:20190302195754j:plain

ソール。いかにも滑らなそう。

f:id:yas0323:20190302200245j:plain

兄弟!(左は元々持っていたハイカットモデル)

f:id:yas0323:20190302200336j:plain

かっちょいいぜリッキー兄弟。

f:id:yas0323:20190302202216j:plain

オマケもくれた。ありがとう、おっちゃん。


 

 

 

ロビンソンのスポーツショップには、

adidas、FOOTJOY、ブリヂストンゴルフ、ミズノのシューズしかない。

クラブも上記系列プラスCallawayくらい。

タイでcobraのクラブ、pumaのシューズとウェアが買えるのは結構珍しいと思う。

タニヤプラザくらいしか思いつかない。(あんま探してないけど)

 

小さいお店だけど、長く続いてくれるといいな。

おっちゃん頑張れ!